占いツクール
検索窓
今日:68 hit、昨日:287 hit、合計:104,785 hit

1話 ページ1

.

男女の友情は存在するのだろうか。
これは、ここ数年の私の悩みだった。


昔から私は存在する派だったけれど、近頃その答えにイマイチ自信が持てないでいる。
と、いうのも。


「A〜、ただいま」
「あぁ、おかえり…っておかえりじゃない!」
「なに?大きい声出して」


はい、おやつ買ってきたで、とコンビニのスイーツプリンが入ったビニールを差し出され、条件反射でそれを受け取りつつ私は頭を抱える。

我が物顔でスーツのジャケットを脱いでソファに腰掛けるこの男。
一連の動作は慣れたものだけど、彼は私の彼氏などではない。勿論″大人のお付き合い″があるだとか、そんな事実も全くない。


「腹減ったぁ…今日の飯なに?」
「………ハンバーグ、」
「やった!なんかテンション上がんねんな、ハンバーグの日って」


いや知らないから、と小さく呟きつつ彼が来る前に完成していたそれを2つずつ皿に盛り、慣れた手つきで冷蔵庫からお茶を取り出してコップを並べている彼の前に置いた。

その向かいに座り、当たり前のように2人で同じものを食べる。繰り返すようだけど、目の前でハンバーグを口いっぱいに頬張るこの男は私の彼氏などではない。

にも関わらず、彼はこうして毎日毎晩仕事終わりに私の家にご飯を食べに来る。そして私も、それを『当たり前』と処理して許している。それどころか、来ることを見越してはなから二人分のご飯を作って彼を待っているという事実。

これは一体、どういう見解だろうか。


「んまぁ。今日も最高」


とろんと紅茶にガムシロップが混ざって溶けるような笑顔を浮かべる彼。

私は、彼のこの笑顔にすこぶる弱い。


「そりゃ、よかったですね」
「せや、明日のメニューは?」
「家帰れ」


慌ててキッと睨むも、「1人で食べるより楽しいやろ?」と全てわかったような顔でニヤニヤとこちらを見る彼から目を逸らしつつ、まんまと明日のメニューを何にしようか考えている私は今日も彼に負かされる。

2話→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (220 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
552人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , ut , 我々だ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

おいちこ(プロフ) - 完結おめでとうございます&ありがとうございますっ!!凄い、素敵でした...2人が幸せに結ばれて、私も幸せですぅ...ニヤニヤ止まんなかったですぅ...新作も読ませていただきますぅぅ...!!!!更新、頑張ってください!! (4月25日 13時) (レス) id: 5a28085a2a (このIDを非表示/違反報告)
やち(プロフ) - 完結おめでとうございます!生活感のある日常に散りばめられたもどかしさと時々挿まれるドキッとする描写のバランスがたまらず、更新のたびにとても楽しく読ませていただきました。ゆららさんのsyp君がまた素敵で転がるほど好きでした…!次回作も楽しみにしています! (4月25日 6時) (レス) id: 6f58a85157 (このIDを非表示/違反報告)
椿(プロフ) - かげでこそこそと見させて頂いておりました。なんとも言えない大人のもどかしさがまた純愛のようなものが感じられてとても良い作品でした。完結おめでとうございます。 (4月25日 2時) (レス) id: bbf23e1c65 (このIDを非表示/違反報告)
おいちこ - 更新、頑張ってください!!陰ながら応援してます...!!長文、連続コメ失礼いたしました...。 (4月24日 11時) (レス) id: 5a28085a2a (このIDを非表示/違反報告)
おいちこ - くっつき方が他の作品とかでは見ない流れですね...若干もやもやはするものの、キュンキュンして、やっとくっついたぁ...って思えます!何か、ちゃんと告って、っていうよりかは、サラッと気持ち伝えて、ぬるっと付き合った感じ...(語彙力皆無)とても面白くて好きなんで (4月24日 11時) (レス) id: 5a28085a2a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆらら | 作成日時:2020年3月22日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。