占いツクール
検索窓
今日:161 hit、昨日:153 hit、合計:485,376 hit

9.さぁ、どこで寝ようか ページ9

あれからテヒョンは手を離してくれなくて
そのままオッパ達を呼びに行ったら
みんなに誤解された


ご飯食べるときもテヒョンの隣だったし
服もテヒョンのだし
シャンプーもテヒョンのだって1発でばれた


今日はテヒョンデーだな笑
いきなり告白もされたし
疲れました私は



でもあのシャンプーいい匂いだったし
これからも使わせてもらいますㅋㅋㅋ


それともう1つ
テヒョンに抱きしめられたとき
すごく安心感があった


匂い、温もり、一瞬で心をもってかれた









RM「ところでAがこれからどこで寝るのか決めないとな」


TH「そりゃあもちろん!俺らの部屋でしょ!


あ…でもジョングギがAに何するのかわからないし…」


JN「でも結局ベット2つしかないから

どっちかのベットで寝ることになるよ??」


JM「僕とユンギヒョンとホソクヒョンの部屋はただでさえ3人だし無理だなぁ

僕はAと寝たいけどね…//♡」


JK「俺らの部屋でしょ!!」


JN「やっぱりAにはオッパがいないとダメだから

俺らの部屋じゃない?ねぇ?ナムジュン」


RM「そうだな」


TH「ええええ!やだぁ!

俺と一緒に寝るの!Aは!」


JK「もう最悪同じ部屋なだけでいい

同じ空気吸えるから」


TH「え!じゃあAは俺と寝ることになるよ!」


JK「1日交代ってのはどうですかキラン」


全員「却下。」


JK「えええなんでですか!」


SG「他の男と寝たAと一緒に寝たくない

どうせなら独り占めしたい((ボソッ」


JN「あれぇ?いつもならそこまで女の子に興味ないユンギがぁ??

独り占めしtSG「風呂に沈めるぞ」


JN「はい、すみませんでした」


『あの、私の意見は誰も聞かないの!?!?

もうどこでもいいから寝させてよ…ウトウト』


極度の睡魔が襲ってきた



JK「ウトウトしてるAかわい////」


『もう…ほんと…に…限界…』


私はソファの上で寝そうになってしまった

みんな…まだ話し合ってるのかな…

そう思ってると誰かがお姫様抱っこをしてきた

んん…だれ?…
誰かの部屋に連れていかれた
そしてベットに優しく横にされ
その誰かもベットに入ってきた



両手で抱きしめられた
おっきい両手と温もりを感じる


すごく心地が良い


この匂い…知ってる…
私の好きな匂い
落ち着くなぁ









このまま、私は眠りについた

10.寝起きのテヒョン→←8.テヒョンSide



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (121 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
746人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , グクテテ , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

てひょなぁぁぁ - ども、グクテテに挟まれるとか天国過ぎて好きです!!私もテヒョンペンで、最近はクオズとグクミンとマンネラインとユンギにハマってます。この作品もめっちゃ面白くて好きです笑 (7月28日 20時) (レス) id: 7d3711d128 (このIDを非表示/違反報告)
唯花(プロフ) - いえいえ!そうでしたか、回答ありがとうございます! (2017年10月26日 21時) (レス) id: 0ab7d04a7e (このIDを非表示/違反報告)
Rinka*(プロフ) - 唯花さん» オッパって呼んでいるところがあると思います!作者のミスです!ごめんなさい… (2017年10月20日 21時) (レス) id: 0faaeca4d8 (このIDを非表示/違反報告)
唯花(プロフ) - 主人公のメンバーに対しての呼び方は「オッパ」ではないのですか? (2017年10月20日 20時) (レス) id: 0ab7d04a7e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:凛花 | 作成日時:2017年8月4日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。