占いツクール
検索窓
今日:270 hit、昨日:138 hit、合計:484,760 hit

17 ページ17

TH「うわぁごめん笑

かっこわりぃ」


『全然かっこわるくないよ
むしろかっこいい』


TH「ほんと?ありがと!」ニヒッ


その笑顔はいつも通りだったけど、どこか悲しそうな顔だった


『テヒョンはきっと誰よりも頑張ってるよ
この話を聞いてね?思ったんだ
一番みんなの事を見てる

テヒョンって子供だし四次元だし一番子供っぽいかもしれないけどね

そりゃあ、グクはかっこいいし!イケメンだし歌もダンスも完璧だし?

テヒョンは叶わないかもしれない。
けど、私はテヒョンはテヒョン
グクはグク

誰が一番だなんて思ってない
その四次元さとアホさをだして場を和ませてくれるし

テヒョンの歌声すごい好きだよ
ペン達もそこに惚れてるよきっと

普段は四次元バカなのにスタージに立つと一気に空気が変わる

ほんとにかっこいいよ

言葉じゃ表せないぐらい

ごめん、えらそうに言っちゃって』


ちょっと息を切らした私はテヒョンを見た
すると
テヒョンはずっと我慢してたかのように泣き始めた


『ちょ、え?』


いきなり抱きしめられた


TH「…グスッ

ごめん、つい、嬉しすぎて。グスッ
こんなに人にいい事言われることないし
久しぶりに泣いたからグスッ」


『よく頑張ったね』


彼の背中を撫でた


TH「ありがとう…グスッ」


『さぁ、ご飯の準備しよ??

みんな待ってる』


TH「うん、…グスッ」


『いい加減泣き止んで…笑』


TH「グスッ」


『泣いてたら前見えないよ?

あと、かっこわるいよ!!!』


その瞬間涙を引っ込めた


『なんなの笑』


TH「ありがとう!」ニヒッ


いつものテヒョンだ
なんか嬉しい


『テヒョン』


TH「ん?」


『なんかあったらなんでも言っていいからね』


TH「おうっ」


少し照れくさそうに笑った


JK「A〜?手伝いにきたよ!

って、ヒョン!!」


TH「はっは〜

ヒョンが先に手伝ってましたぁ」


JK「くっそ!
A!俺も手伝う!」


『ええ、いいよ、テヒョンだけで手一杯なのに』


TH「俺だけで!?」



JK「なにがあったの」



私とテヒョンは目を合わせ
ないしょと言った


JK「ちょっと、怪しい!!!」


『ふふ』


TH「にひひ」




そして、やっとご飯ができて
みんなの所に持ってく


SG「おそい」


『ごめーん!どっかの誰かさんが塩と砂糖間違えて!』


TH「ギクッ」


JN「お前だな?テヒョン?」


リビング全体が笑いに包まれた

18.作者から!→←16



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (120 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
747人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , グクテテ , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

てひょなぁぁぁ - ども、グクテテに挟まれるとか天国過ぎて好きです!!私もテヒョンペンで、最近はクオズとグクミンとマンネラインとユンギにハマってます。この作品もめっちゃ面白くて好きです笑 (7月28日 20時) (レス) id: 7d3711d128 (このIDを非表示/違反報告)
唯花(プロフ) - いえいえ!そうでしたか、回答ありがとうございます! (2017年10月26日 21時) (レス) id: 0ab7d04a7e (このIDを非表示/違反報告)
Rinka*(プロフ) - 唯花さん» オッパって呼んでいるところがあると思います!作者のミスです!ごめんなさい… (2017年10月20日 21時) (レス) id: 0faaeca4d8 (このIDを非表示/違反報告)
唯花(プロフ) - 主人公のメンバーに対しての呼び方は「オッパ」ではないのですか? (2017年10月20日 20時) (レス) id: 0ab7d04a7e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:凛花 | 作成日時:2017年8月4日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。