占いツクール
検索窓
今日:15 hit、昨日:104 hit、合計:56,951 hit

▲ryg ページ30











龍「ままー?」



「はーいなにー?」






龍我はたまに私のことママって呼ぶの

ちょーかわいくない?まじ産んだわ()







龍「後ろの髪巻くの手伝って」



「おけー」



龍「今日髪赤くしようと思うんだどどう?」



「え!いいじゃん!似合うと思う」



龍「ほんと!?やった!」



「…はい、おわり」



龍「ありがとー!よいしょっ」



「うわ、あんたまたでかくなった?」



龍「そう?たぶん前と変わってない」



「ほんとに?私今ヒール履いてんのに龍我の方が全然高いね」



龍「椿ちゃんが縮んだんじゃない?」



「は?おまえ炙るぞ?」



龍「わあー!ごめんごめん!」



「龍我炙ったらおいしそうだね」



龍「やだ!ころさないで!」



「うそだよ、よしよし」









頭を撫でてあげると、急に腕を引かれて一瞬で龍我の腕の中に連れ込まれた









龍「いつまでもばぶちゃんじゃないんだよ?」



「…龍我のくせに、こんなのどこで覚えたの?」



龍「教えなーい!」

▽hsm→←○



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (60 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
345人がお気に入り
設定キーワード:HiHijets , 美少年 , ジャニーズjr
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:うー | 作成日時:2019年3月18日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。