検索窓

いつもと変わらない日々


朝から夜まで太陽や月が私たちを照らしてくれていた


夕焼けに照らされて空が紅くなった頃


「サッカーしようよ」なんて声をかけてくれた君は


もう、そこにはいなくて


「ばいばい」なんて言葉はなくて


ふと気が付けば、涙を流していた


突然消えた”彼”は何処にいるのだろうか_______。




気が付けば、ここまで来ていた


「なんで貴方が」なんて言葉は歓声と共に掻き消された





※あてんしょん※
・「イナズマイレブンGO」の原作沿いの作品です
・オリキャラ要素が少しあります
・恋愛要素は少しずつ…かな?


不定期更新です

本作品にはパスワードがかかっています。
パスワードを入力して作品を閲覧して下さい。
パスワードが不明の場合は作者の方にお問い合わせ下さい。
 パスワード:  
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:れもん。 | 作成日時:2022年8月4日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。