占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:24 hit、合計:14,365 hit

4 ページ4

村上side

いつものように
楽屋で新聞をめくる





ぷっ



横山「もーなんかい屁こくねん」


渋谷「ええやんええやん」


横山「…くっさ」


渋谷「おおぅ、そっち行ったか
俺の子 大事にしたってや」


丸山「あっはっは」


錦戸「横山くん、その子名前つけたらな!」


横山「…お前らなんやねんな」






ほんま、いつまで経っても子どもやわぁ


楽屋でもいつもこんな感じで
めっちゃしょーもない話しとる


そこが俺らのええとこやねんけどな









…あれ?もう集合時間やけど

大倉と安おれへんな

あいつら2人でなんかしとるんか?







ガチャ



大倉「おはよ、みんな遅なってごめんな」


安田「…ほんまごめんなぁ」




よかった、間に合ったみたいや

ん、なんか安 前屈みになってへんか?




錦戸「なにしとったーん?
大丈夫やで〜
まだ準備できてへんみたいやし」


村上「ていうかヤス、どないしたん?
腰でも痛いんか?」


横山「思った、どうしたん?」




大倉「あー、あんなぁ」


安田「全然、大丈夫やねんけどな!」


大倉「ちょ やす」



言葉を遮った安の口を
大倉がふさいだ



安田「おーくらぁ…」


渋谷「…なんや大倉、言うてみぃ」


大倉「あんな、さっき やす
吐いてもうてん」


丸山「えっ章ちゃん大丈夫なん?」


安田「だから大丈夫やってぇ…」


大倉「さっきめっちゃしんどい
言うてたやん

…でもな残り少ないみんなでの収録やから
帰りたくないって来てん」


渋谷「そうなんか…
ちょ、とりあえず安ここ座れ」


横山「そやで、無理したあかんで」




「…大丈夫やねんけどなぁ」と言いながら

すばるの隣に座る安







しばらく沈黙が流れた








村上「まぁ俺らもな…
無理やり帰すわけにはいかんし
収録はするけどな、
しんどなったら絶対言うねんで」


丸山「ほんまに章ちゃん
すぐ無理するから…」


渋谷「今日お前のことめっちゃ見るからな」


横山「あかんなっても
俺らがなんとかするから」


錦戸「せやで、みんなに甘えや」


大倉「ほんっっまにあかんからな
しんどいん我慢するんは絶対あかんで」


安田「はい…すんません…」




みんなからの言葉を浴び、
安はバツの悪そうな顔で
小さくなった

5→←3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
62人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ , 安田章大 , 腹痛   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

みさ(プロフ) - にこさん» にこさん、コメントありがとうございます!通知メールがきて驚きました。この話を書いていること自体忘れていました(;o;)すみません、またちょくちょく更新しますね。 (2019年4月10日 23時) (レス) id: d5c3e44c30 (このIDを非表示/違反報告)
にこ - もう更新はされないんですか?大野くんの小説が好きだったので更新してほしいです!! (2019年4月10日 19時) (レス) id: 5d4098590c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みさ | 作成日時:2018年6月3日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。