検索窓
今日:47 hit、昨日:49 hit、合計:9,041 hit
「ごめんなさい。」


私の知人がそう断った。




目の前には忍たま。



彼は頭を掻きながら、「やっぱりか〜」と予想していたような口ぶりでそう言った。





そして、次の瞬間彼はこの言葉を放った。



















「じゃあ、そこの君でいいや。」


─────────────────────────

⚠この作品は仮として作られています。連載するかわかりません。

キャラ崩壊注意



《追記》


1話しか出していないのに、沢山の方々に見ていただけているようなので、更新だいぶ遅くなると思いますが連載してみたいと思います。


皆様のご期待に添えるように頑張りますが、「思ってたんと違う」など思われましたら閉じてもらっても構いません。


よろしくお願いします✌('ω')執筆状態:連載中

















おもしろ度の評価
  • Currently 9.86/10

点数: 9.9/10 (66 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
160人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あい(プロフ) - 面白いです!! クノイチ達の子、、夢主ちゃん頑張れ!! これからも応援しています (8月15日 17時) (レス) @page5 id: 4bcda9126d (このIDを非表示/違反報告)
小桜(プロフ) - めちゃくちゃ面白そうで続きが気になるので、ぜひ連載して下さい! 作者さんのペースで、無理のない程度で頑張ってください! (8月12日 21時) (レス) @page1 id: 8b4a915ba2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:シュモ | 作成日時:2022年8月10日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。