占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:18 hit、合計:59,841 hit

#43 ページ43







___ピーーッ



































それは一瞬やった。





まるで時間が止まったんやないかと思うほどの沈黙。





そして、





「うおおおおおお!!烏野が取った!」



「青城ここで負けるとは思わなかったわぁ」





歓声に包まれる体育館。





なにも言えへんかった。





涙すら出ぇへんかった。





まだ、





状況が理解出来ひんかった。





及川「A、行くよ」



『あ、おん』





徹に肩を叩かれ、ふと我に帰る。





うちらは、





負けたんか?





選手の悔しそうな顔を見ても、まだまだ負けた実感が湧かへん。





どうすればええ?



この、胸の苦しさ。





目に涙は浮かばへんし、





負けた感覚もあらへん、





まだ試合があるんちゃうか、と思ってまう。





その感情は解散の時まで続いた。



































『うちら、負けたんか…?』





そう言えたのは、3年生だけになり、




なぜか青城の体育館でバレーをしていたときやった。





及川「A…」



岩泉「そうだよ、俺らは負けた。」





改めて(はじめ)からその言葉を聞くと、急に感情がこみ上げた。





もう誰も泣いてへんのに、




涙は流せへんと思い、唇を噛んで押し殺す。





及川「みんな、ちょっとやってて」



花巻「おう」





徹はうちの手を引いて体育館を出た。





ただただ手を引かれて、




沈黙を破ったのは徹だった。





及川「ごめんね」



『なんで謝るん…』



及川「なんでだろ、謝らないと気が済まないみたい…」





そう言う徹の声も、震えとった。





『何も、言えへんかった』



及川「え…?」



『みんなが辛かったとき、うちは何も言えへんかったっ…!』





俯くと、涙が一粒コンクリートに垂れた。





そこで初めて、自分が負けたのだと自覚した。





#44→←#42



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (91 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
185人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 及川徹 , 青葉城西
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

mi…(プロフ) - おかかのおにぎりさん» ありがとうございます!!好きと言ってもらえると嬉しいです!!新作もお楽しみにしててください!! (4月20日 18時) (レス) id: 4065260f63 (このIDを非表示/違反報告)
mi…(プロフ) - 黒崎零菜さん» ありがとうございます!!好きと言ってもらえると嬉しいです!!新作もお楽しみにしててください!! (4月20日 18時) (レス) id: 4065260f63 (このIDを非表示/違反報告)
黒崎零菜(プロフ) - 完結おめでとうございます!とても面白かったです。この作品は個人的に好きでした!新作楽しみにしています (4月20日 18時) (レス) id: 943180d6d6 (このIDを非表示/違反報告)
mi…(プロフ) - おかかのおにぎりさん» ありがとうございます!!!!頑張ります!!!! (4月19日 18時) (レス) id: 4065260f63 (このIDを非表示/違反報告)
おかかのおにぎり(プロフ) - 完結おめでとうございます!お疲れ様でした〜!!一途な及川さん素敵でした!次作も頑張ってくださいね! (4月19日 17時) (レス) id: 64b2331bfd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:mi… | 作者ホームページ:I don't have.  
作成日時:2020年3月29日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。