占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:65 hit、合計:23,467 hit

ページ14

.





大丈夫大丈夫、これは不法侵入じゃない....大丈夫大丈夫.......。


学校に着いた私は、校門の柵を頑張ってよじ登って乗り越える。
心の中で何度もこれは犯罪じゃない犯罪じゃないと自分に言い聞かせながら。

自分が通う学校に入るだけなんだから大丈夫、だよね.....。



時刻はもうすぐで5時になるところで、もう空は茜色に染まっていた。
親には出掛ける事を言って来たけど早めに帰らないといけない。


広い校庭を走って、一直線に下駄箱まで向かう。昇降口のガラスの扉は閉まっていたが、鍵は掛かっていなかった。
上靴はもう良いや、と靴だけ脱いで廊下に出る。

確か、宿直で猿山先生がいるんだよね.....。
先生にまた迷惑をかけることになってしまうけれど、教室には鍵が掛かっているしその鍵は先生が持っているから事情を説明しないといけない。



私はまず、下駄箱のすぐそばにある宿直室へと向かった。

宿直室のドアの窓から様子を伺うが、先生らしき姿は見えなかった。
一応、奥にいるかもしれないのでこんこんと二回ノックをしたがやっぱり誰も出てこなかった。
......ここにはいないのかな。


と、なると職員室にいるのかな。
職員室がある方の廊下を見る。ここからだといるかどうかなんて到底分からないので、私は走って職員室へ行った。

今は誰もいないから廊下を走っても大丈夫。多分だけど。
壁に貼られた「走らないで」のポスターには見ないふりをして走り抜き、職員室の前で立ち止まる。

運動音痴な私はこれだけでも息が上がってしまう。なんとか息を整えて、さっきと同じようにノックする。
しかし、少し待ったが誰も出てこなかった。


これは、本格的にどうしよう......。

この広い校舎の中で先生を探すのは難しい気がする。それに、先生とすれ違いになったら一生会えないし.....。




そう私が行き詰まっている時だった。



「......なにしてるんだ?」






.

▽→←私たちの担任の先生は 【rdo】 後編



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (45 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
78人がお気に入り
設定キーワード:らっだぁ運営 , 限界メンバー , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

メロディ(プロフ) - 翡翠さん» いえいえ〜こちらこそリクエストありがとうございました! (4月29日 10時) (レス) id: 1e2bac22f6 (このIDを非表示/違反報告)
翡翠 - リクエストに答えてくれて、ありがとうございます! (4月29日 9時) (レス) id: 48eb906cb5 (このIDを非表示/違反報告)
メロディ(プロフ) - らのらのさん» rdですか....分かりました!書くかは分からないですが考えてみますね〜!教えて頂きありがとうございました! (4月20日 17時) (レス) id: 1e2bac22f6 (このIDを非表示/違反報告)
らのらの - メロディさん» はい!お願いします!ところで「花吐き病」を奇病のやつとしてやるのなら夢主さんがらっだぁさんに恋をして________というのを見てみたいですね!別に誰でもいいのですが……自分、らっだぁさんが推しなので…! (4月20日 11時) (レス) id: 194ccaa0c1 (このIDを非表示/違反報告)
メロディ(プロフ) - らのらのさん» 「花吐き病」ですか....。確かにタイトル的にもあってますね〜!教えて頂きありがとうございます!調べてみますね〜! (4月19日 13時) (レス) id: 1e2bac22f6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:メロディ | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/merodexi032/  
作成日時:2020年1月26日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。