占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:157 hit、合計:51,872 hit

#4 ページ5

中間side

俺の言葉は姫仔に遮られて

神ちゃんに嘘が伝わった

神「なんやて!?死ねや!お前なんて、メンバーちゃうで!俺がどれだけ苦労して作ったと思ってるん!?」

そう、胸ぐらを掴まれて、投げ飛ばされた

今更、反論したところで

きっと、許してくれない

そう思って、話す事を諦めて、楽屋を出た

衣装さんに話に行かなきゃ…

そう思って、衣装室にいくと

誰もいなかった

適当に俺の衣装を組み合わせてそれっぽくして

着てから、ライブギリギリにステージ袖に行った

「…」

俺らの空気は最悪のまま、ライブは始まった

その日から俺の地獄が始まった

NEXT

#5→←#3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (34 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
105人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ひよるる(プロフ) - タピオカさん» 本当にありがとうございます!絶対、帰ってきますね! (4月19日 8時) (レス) id: 96d08cfe7e (このIDを非表示/違反報告)
タピオカ(プロフ) - 大丈夫です!いつまででも待ちます!このお話大好きなんで!! (4月19日 7時) (レス) id: a5bbeca08b (このIDを非表示/違反報告)
ひよるる(プロフ) - タピオカさん» わー!ありがとうございます!そう言って頂けて嬉しい限りです!これからも更新頑張りますので、よろしくお願いします! (4月14日 20時) (レス) id: 96d08cfe7e (このIDを非表示/違反報告)
タピオカ(プロフ) - 初コメ頂きます!このストーリー好きです。読んでて涙が出てきました。更新頑張ってください (4月14日 20時) (レス) id: a5bbeca08b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ひよるる | 作成日時:2019年4月13日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。