占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:12 hit、合計:6,510 hit

第2話 ページ3

富士田サイド

え···?鏡張りの部屋!リズミカルな音楽!綺麗なお姉さんっ···!!

環「たまきって呼んでねハート」

仙「おっ来てたのか!A!!」

えっ誰?

仙「コイツは兵藤Aだ。多々良と同い年だぞ!!」

えっそれにしては、背デカクナイ!!!

「えっと、兵藤Aです。よろしくお願いします」ニコッ

女の人見たいに、綺麗だな

仙「おっ雫!今日は早いな!」

雫「まあね、Aと一緒にきたし」

あっ職員室であった子だ。可愛いなー

仙「おーい、雫。フジ田君のこと、頼むは!!」

えええ!!僕とあの人があああああ!!!

ピクッ「雫、僕とは?」コテッ

雫「はいはい、すぐに行くから。」

はわわ、こっち来た!!?

雫「腕のホールド崩さないで下さいね」

わあああ、近い近い!!

雫「進路に悩んでる受験生が教室に何のよう?





冷やかし?それともスケベ?」

えっ・・・・?

仙「なんか、あいつピリピリしてんな」

「し〜ず〜く〜♪はーやーくー」ニコニコ

雫「はいはい、やろう」

環「多々良くん、どうかしら?」

多「どっどうって??」

環「入会!?入会する!?」

環「ステップとか覚えたら、可愛い女の子とカップル組んで大会にも出れるんだよ!」

多「大会とかあるんですね····」

環「あるよー!!仙石君だって、プロの選手だよ。」

えっ!?

仙「それをいったら、雫やAも選手だぞ」

多「えっ!?あの子達もプロ!?」

仙「馬鹿言え。アマチュアのぺーぺーだよ」

ぺーぺーかあ




中途半端で、すみません。

第3話→←第1話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
32人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:4月生まれのダイヤモンドです。 | 作成日時:2017年9月20日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。