占いツクール
検索窓
今日:60 hit、昨日:8 hit、合計:40,966 hit

2.あの日 ページ4

「善逸さんっ!」


「わっ!?は、晴香ちゃんっ!?!?」





善逸に駆け寄り、善逸の腕をがっしり掴む晴香ちゃん。
せっかく三人で楽しく話そうとしていたのに…いつも晴香ちゃんに邪魔をされる。




「今日も晴香、たくさん鬼をたおしてきたんだぁっ!」







嘘つかないで。

それは、私がした任務だよ。





晴香ちゃんは私に任務をさせて自分の手柄にしてるのに。
なんで自分が倒してきたみたいに…






でも、それだけならまだ耐えてられた。








いつからだろう。









晴香ちゃんが善逸と一緒に居るようになったのは。









それに、いつも晴香ちゃんに絡まれても満更でもない善逸。


私と出会う前から女の子が大好きで、女の子のこと追いかけまわしていたりしてたけど…。
でもやっぱり、私以外の女の子にデレデレされるのは嫌だな。









そんなことを思ってると炭治郎が不安そうな顔で私を覗く。


「A…大丈夫か?」





「う、うん。」



大丈夫なわけが無い。









今まで私が善逸の隣にいたのに、今じゃあの子が善逸の隣にいる。









寂しいし、辛いし、心が痛い。









だけど、ここでもし私が我儘を言ったら。









善逸のことを束縛しているみたいで、


善逸は私のことを嫌いになるだろうし。









炭治郎達にはめんどくさい奴だな、と思われドン引かれそうだし。









それに、この時は心の隅でまだ期待してた。







あの子と仲良くしてても、きっと私のことが1番で好きでいてくれるって。









今はあの子と仲良くしてたって、きっと何かあった時は私を優先してくれるって。









そう思ってたんだ。

3.おんぶ→←*▼(名前)side



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (139 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
397人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 我妻善逸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- いい所で更新止めますね笑笑 楽しみにしてますね。 (12月8日 15時) (レス) id: 4a1a45053b (このIDを非表示/違反報告)
はっぱ(プロフ) - 霞さん» 見抜いてくれたら一番いいのですが..... どうなるのか楽しみに待っていてくださいね! (11月28日 0時) (レス) id: ed202dda59 (このIDを非表示/違反報告)
- ま、まぁでも炭治郎と善逸は嘘かどうか見抜けるし…?匂いと音でバレるだろうから安心しとこ……() (11月27日 22時) (レス) id: 86069f8753 (このIDを非表示/違反報告)
はっぱ(プロフ) - 九狐さん» 面白いなんて、ありがとうございます!颯汰くんいいですよね、、私の理想が詰まってますw応援ありがとうございます!頑張りますねっ( ˙˘˙ ) (11月25日 23時) (レス) id: 1010809025 (このIDを非表示/違反報告)
九狐 - え、面白い。善逸推しだけど颯汰くん推しになりそう…イケメンじゃんヤベー☆ω☆応援してます!頑張ってください!! (11月24日 19時) (レス) id: 5c71f16ab8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はっぱ | 作成日時:2019年10月19日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。