占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:8 hit、合計:40,907 hit

8.仲直りしたい(善逸side) ページ11

「…善逸、任務に行くぞ??」



「ん.......なに?任務に行くの.....?」



炭治郎の声で起きる。







「善逸さんっ!!おはようございますっ」






そう言って俺の手を握ってくる晴香ちゃん。






「お、おはよう。」




少し戸惑いながらも挨拶をすると、晴香ちゃんはニコリと笑いかけ、「善逸さんの手…暖かくて好きなんですよねっ」という。







「.......そっか。」







これ、Aちゃんにも言われたっけな。









『善逸の手って暖かくて好きだなぁ。なんか落ち着く!』









Aちゃん.......。









ベッドから体を起こし、奥のベッドを見るとそこにはAちゃんが眠っていた。









もう、何日くらいまともに話してないだろう。









本当は、Aちゃんと沢山話したい。








怪我は治ったのかな.......?








あの日Aちゃんから、泣きたくなるくらい辛い音がして。









きっと、俺のせいだと思う。









そう考えると、どう話しかけていいか分からなくなっちゃって、どうやって目を合わせていいのかも、何もかも分からなくなってしまった。









それでも、話そうとしたけど、









いつも晴香ちゃんに遮られてしまって、なかなか話せなかった。









俺のこと、嫌いになっちゃったかな。









「.......善逸。Aの怪我は心配だし、Aを置いて行ってしまうのは申し訳ないが、任務だからいかないと。」







俺の視線に気づいたのか、炭治郎は悲しそうな顔でそう俺に言う。









「そうだな.......。」





早く帰ってきて、Aにちゃんと謝ろう。

9.最低な男(善逸side)→←7.疲れた



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (139 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
397人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 我妻善逸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- いい所で更新止めますね笑笑 楽しみにしてますね。 (12月8日 15時) (レス) id: 4a1a45053b (このIDを非表示/違反報告)
はっぱ(プロフ) - 霞さん» 見抜いてくれたら一番いいのですが..... どうなるのか楽しみに待っていてくださいね! (11月28日 0時) (レス) id: ed202dda59 (このIDを非表示/違反報告)
- ま、まぁでも炭治郎と善逸は嘘かどうか見抜けるし…?匂いと音でバレるだろうから安心しとこ……() (11月27日 22時) (レス) id: 86069f8753 (このIDを非表示/違反報告)
はっぱ(プロフ) - 九狐さん» 面白いなんて、ありがとうございます!颯汰くんいいですよね、、私の理想が詰まってますw応援ありがとうございます!頑張りますねっ( ˙˘˙ ) (11月25日 23時) (レス) id: 1010809025 (このIDを非表示/違反報告)
九狐 - え、面白い。善逸推しだけど颯汰くん推しになりそう…イケメンじゃんヤベー☆ω☆応援してます!頑張ってください!! (11月24日 19時) (レス) id: 5c71f16ab8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はっぱ | 作成日時:2019年10月19日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。