占いツクール
検索窓
今日:194 hit、昨日:396 hit、合計:53,268 hit

259 義父 ページ19

詐欺師を無事に捕獲、後は4課に後処理を任せながらも俺達3人は上司に無理を言って警視庁を出、隣のそんなに変わらない警視庁に入り込む。


「高木は置いて来た、これでいいか」


「嗚呼、行こう」


「その前に1つ聞いていいか」


何だと振り返ると、伊達は納得いかない様に、俺達に聞いてくる。


「さっきの怪鳥って、松田の時の奴だよな」


「嗚呼、あの時話した通り、今回はさっきの電話の子が関係してる」


やっぱりか、と頭を掻く伊達は何処か安心した様にも見えたが、それだけだと言って又足を進めた。


「あの……」


と、此処で入口付近ににひょろりとした男を発見する。


「?」


「萩原様で合ってますか、私長官の秘書をしています、牧野と申します」


突然の様呼びに驚くも返事をする、松田は横目で俺のことを見ていた。


「え、嗚呼、はい」


「巴様から何時も聞いています、長官の元へお連れしますね」


「……宜しくお願いします」


そのまま訳も分からず、自称秘書の彼に着いていくこと数分、エレベーターに乗って1番上の、1番偉いであろう目の前の部屋に着くが、俺達は口が塞がらなかった。


「どうぞ」


「あ、どうも」


ドアを開けられ、一礼して入り込むと、其処にはとても見覚えのある、威厳があれど優しそうな顔に表情が強ばる。


「久し振りだね、萩原君。


後ろは初めましてかな、松田君と伊達君、私が長官の細田だよ」


「ご無沙汰しております、長官」


後ろ2人は慌てて一礼している、俺は長官の方に向き直る。


「猫ちゃんから聞いているよ、今回は大活躍だったね」


「ありがとうございます、実はその件についてお話したいことがありまして」

260 御話→←258 救急



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (72 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
235人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 女主 , 転生
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

久坂朧@三色団子と朧は神(プロフ) - 水城紗綾さん» わざわざありがとうございます!そうですね、この後また団子を食べている描写があるので十二分よりかは十分とかの方が良いかもです、本当にありがとうございます! (8月30日 22時) (レス) id: c1dc633bc5 (このIDを非表示/違反報告)
水城紗綾 - 度々すみません!「267 団子」の一行目の《十分》が《十二分》になってます。間違い……なのかな?と思ってコメントさせてもらいました。更新お疲れ様です! (8月29日 9時) (レス) id: fd3bd08589 (このIDを非表示/違反報告)
久坂朧@三色団子と朧は神(プロフ) - 水城紗綾さん» 閲覧及びコメントありがとうございます!ありがとうございます、本当に内容はそんなに進んでないんですけどね(笑)とても励みになります、頑張りますので是非ともよろしくお願いします!! (8月28日 15時) (レス) id: 9224d831df (このIDを非表示/違反報告)
水城紗綾 - 更新お疲れ様です。もうなんか、更新速度が速すぎて……。本当に尊敬します。内容も面白いですし。これからも頑張ってくださいね。*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・* (8月28日 12時) (レス) id: fd3bd08589 (このIDを非表示/違反報告)
久坂朧@三色団子と朧は神(プロフ) - さちさん» 閲覧及びコメント毎度ありがとうございます!!本当に励みになります、度々ありがとうございます!!頑張ろうと思いますので、是非とも宜しくお願いします!! (8月23日 21時) (レス) id: 9224d831df (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:久坂朧@三色団子と朧は神 | 作成日時:2019年8月15日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。