占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:11 hit、合計:1,269 hit

ページ12

学園長)
彼女は昨夜来たばかりですからね……そんな事は無いと思いますよ?我々は先ず、彼女の記憶を戻してあげる事を当面の目標としています。何故、あの様に姿勢正しく所作の美しいのか。所以…出自を。

レオナ)
なら、問題ねぇな。俺の番にする。

ヴィル)
待ちなさい!彼女には私と、一緒に華やかな世界で生きるのよ。

リドル)
何を、お言いだい?彼女にはボクのサポートをして貰うよ?

アズール)
お待ち下さい!彼女には我がラウンジのマスコットキャラクターとして盛り上げて頂きます!

カリム)
俺が魔法の絨毯で世界中連れていくんだ!

イデア)
彼女は人目に触れさせちゃダメでござる。

マレウス)
僕の婚約者を漸く見付けた。邪魔をするな。

学園長)
皆さん、私の話を聞いていましたか?とにかく、先生方か私に話を通してからにしてくださいね?私の私設第一秘書に………

ヴィル)
あんた!

学園長)
いえ、何でもありません。とにかく、彼女の記憶を戻してから彼女の帰る道を探す。そう言う事ですから。よろしいですね?では、解散です!ごきげんよう。

各寮長は各寮に戻ると、各々の寮生に事の次第を伝えた。

ーミヤビの部屋ー
ミヤビ)
何だろう……時々、記憶がない時間がある。私に何が起こってるの?

私は不安に包まれながら制服を脱いで部屋着に着替えるとシャワーも浴びずにベッドに横になった。と、同時に左手を翳した。

ミヤビ)
これは……何時から私の指にあるんだろう?

指から指環を抜こうとしたけれど、少し緩く回るけれど取れない。

ミヤビ)
綺麗な緋赤(あか)色だから、まぁ良いんだけど。

私の部屋は職員室の奥にある。この時間は皆さん、自室で寛いでいるみたいで職員室のある棟は、とても静かです。少しの恐怖を感じていた私は、ベッドから起き上がり窓を開けた。充満している妖艶な空気を放出したとも気付かずに………

ーマレウスsideー
僕は相変わらず夜の散歩をしていた。この時間の静寂さが好きで学園のガーゴイルを観察するには邪魔が入らないから、ゆっくり出来る。

先生方のいらっしゃる棟のガーゴイルを見ていた時、とても甘美な香りが僕の鼻腔を掠めた。

マレウス)
この様な季節に匂わせる花など、あるのか?

僕は、その香りのする方へ近寄って行った。すると月灯りの窓辺に噂の彼女が見えた。

月灯りに照らされた彼女は、とても美しく妖艶だった。

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 5.5/10 (4 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:ツイステ , クルーウェル , クロウリー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:iceblast5 | 作成日時:2020年12月2日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。