占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:27 hit、合計:6,475 hit

6 ページ7

橙Side


地獄のような新学期初日の授業がやっと終わった。
(授業とはいっても、ほとんどが一年間の内容などの大まかな説明だったが)

取り敢えず早くこの教室から出たい。

ホームルームの自己紹介で噛み倒した僕は、恥ずかしさと気まずさのあまり、休み時間中もクラスメイトに話しかけることができず、一人として友達ができなかった。

多分皆は僕の自己紹介のことなんて忘れてしまっているだろうけど、僕はこう見えて気にしいなんです。

初っ端から失敗したら、この先も友人はできんやろうなあ。
学校生活はスタートダッシュが大事なのに。

とほほ、と肩を落としながらも、章ちゃんと大倉んとこ行って慰めてもらお、と考え、手早く荷物をまとめて席を立った。

扉へと歩いていこうとした所で、

「また明日、マルヤマくん」

と、声がかかる。

「え」

びっくりして振り返ると、足を組んで座りながら、僕に向かってヒラヒラと手を振る錦戸くんの姿。そんな仕草でも、流石、イケメンは絵になる。

「あ、うん!また明日!錦戸くん」

驚いたが、精一杯の笑顔で返した。

彼は例の自己紹介で堂々と……では無かったが、笑ってくれた唯一の生徒だ。
あの時は思わず睨んでしまったが、変な気を使われなくてすんで、かなり感謝している。

おおきに、という気持ちも込めて僕も手を振って、教室をでた。

……やっとクラスメイトと話せた。

四組の教室へと向かいながら、僕は、今日は地獄のようだったが、高校生活二年目は楽しく過ごせるだろう、と安堵の息を吐いた。

7→←5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
85人がお気に入り
設定キーワード:橙受け , メンバー内恋愛 , 倉丸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

エイター - 凄く面白いし好きです!更新頑張ってください!! (6月11日 0時) (レス) id: 7274972671 (このIDを非表示/違反報告)
すずまる - めっちゃ好きです!!更新頑張ってください ! (4月30日 22時) (レス) id: bace7ae54d (このIDを非表示/違反報告)
ももも - 面白いです。これが理想のBLですね!更新頑張ってくださいね! (4月18日 18時) (レス) id: f71b3e4232 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ちーかま | 作成日時:2019年3月9日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。