占いツクール
検索窓
今日:209 hit、昨日:223 hit、合計:54,582 hit

. ページ13

「Aちゃんっ、もういれてもいい、?」



「、うん」



「ごめん。Aちゃんの初めては綺麗な思い出になるように、って思ってたんだけど…俺の方が余裕ないね」



困ったみたいに笑う健永くんに見下ろされる。


ぶんぶんと首を振ったら優しく頬を撫でられた。



「痛かったら言うんだよ?」


「うん、っ…!あ、ぁっ」


その瞬間、健永くんが私の中に入ってきて


一気に満たされる。


.


「っ可愛い、A、もっと顔見せて」



呼び捨てで呼ばれた名前にゾクッとして
ピリッとした痛みの後、とてつもないスピードで駆け巡る快楽。





好きな人とするってこんなに幸せでこんなに気持ちいいんだ。


20歳。ようやく大人になった私。


私を大人にしてくれた健永くん。


.


.


.


隣で息を整えている健永くんにギュッと抱き着いたら、


私よりも強い力で抱きしめ返してくれる。


.


「んふ、んふふ」


「なにその笑い方(笑)」


「だって…なんか幸せすぎて(笑)」


「私もすっごく幸せ、健永くんありがとう」


「こちらこそ、ありがとう。生まれてきてくれてありがとう。」


.


気付いたら日付は変わってて


私の誕生日は既に終わってしまっていた。


でも健永くんは


"眠るまでが誕生日だよ"


って意味のわからない、今までに聞いたことない理論を説く。


.



「じゃあこのまま寝なかったらまだお祝いしてくれるの?」


「もちろん。」


「だったら……、もっかい、健永くんが欲しい」


「…え」


「だってまだ私寝てないもん!まだ誕生日でいいんでしょ?」


「ちょっとさあ…勘弁してよ、」


.


.


「…」


「そんなの、抱きたくなるに決まってるでしょ。」


.


.


.


そう言ってまた甘いキスが降ってくる。


私の誕生日はまだあと少しだけ続いてくれるみたい。


.


.


.


.


...

.→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (176 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
847人がお気に入り
設定キーワード:Kis-My-Ft2   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:コツメ | 作成日時:2019年6月10日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。