占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:61 hit、合計:17,955 hit

kz始動! ページ30

遥さんは何故、就職したのか。


ソレが一番の問題だ。


直接聞くか、館長に聞くか。



直接聞くのが良いけど、答えてくれなさそう。

かといって。


館長も答えそうかと言われたら、そうでもない。


『何でそんなこと言わなくちゃならないのか?』

って思われそう。



うーん、何か良い方法はあるかなぁ。


すぅすぅ、と規則正しい寝息をたてている奈子。



その奈子を横目でみながら考えた。


こんなに暑いのによく寝れるなぁ。

ちょっと尊敬かも。


名案が思い浮かばないこと。

熱帯夜なこと。


両方にイライラし始めてもう何も考えたくなくなってきた。






えぇい!



明日、図書館に行ってみよう!



そして、さりげなく遥さんに話しかけるんだ。



私には珍しく『なんとかなるさ』と計画するのを放棄した。









翌日


図書館に来て。

さて、困った。


なんて話しかけようか。


あぁ、やっぱり黒木君とかに連いてきてもらうべきだったかな。



普通に、本の場所を聞こう。


彩「すみません、藤本ひとみという方が書いた本ってどこにありますか?」


パ、と振り返る遥さん。

私の顔を見た瞬間、明らかに顔を強ばらせた。


でもまた、コンビニ仮面を被って。


遥「こちらです。」

彩「ありがとうございます!」


遥さんは軽く頭を下げて戻ろうとした。


彩「あ、のっ……」

遥「なんでしょう?」

彩「い、いえ。何でもないです」


遥さんの鋭い目に私は何も言えなくなった。


『私に話しかけるな。』


とでも言いたげな瞳だった。


どこか、哀しそうで。

深い闇を抱えているような。









だけど、どこか。









嬉しそうだった。

期待 遥side→←ドーナツ食べて


ラッキーアイテム

ヘアゴム

ラッキーアルファベット

X

ラッキーkz

坂東菜摘


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (46 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆき - あの、遥さんのイメ画なんですけど、ゆる女子メーカーで作ったら良いと思います!結構可愛いのができますよ(*´ω`*) (9月9日 14時) (レス) id: 74a3dbf8fd (このIDを非表示/違反報告)
花桜L - 鬼跡さん» ありがとうございます!私には人にあげられる文才は無いです…どこかに文才売ってる所、ないかしら…w (9月8日 14時) (レス) id: 4c799f114d (このIDを非表示/違反報告)
花桜L - ゆきさん» そんなことを言ってくれるなんて…感涙っ!←自分の語彙力を恨みます。 (9月8日 14時) (レス) id: 4c799f114d (このIDを非表示/違反報告)
鬼跡 - すごく面白いです!あの少しだけで良いので文才の方を分けてくれませんか?www( ˙-˙ )応援してます!更新頑張って下さいね! (9月8日 9時) (レス) id: a065501dc8 (このIDを非表示/違反報告)
ゆき - なんか…Lさんの文章って面白いです。本編も楽しみですけど、作者からもささやかに楽しみにしてます笑 (8月29日 17時) (レス) id: 74a3dbf8fd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花桜L | 作者ホームページ:http://uranai:nosv.org/u.php/hp/elu  
作成日時:2019年4月21日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。