占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:470 hit

5話:報告じゃい ページ6

A「バイト受かった」



2人『……はァァァァァァァ!?』

いやなんだいその驚き用は、喜べや()

美涼「ちょ……A?エイプリルフールは終わったよ!?」
亮太「ごめん姉貴今までのこと全部謝るから正気に戻って!!!!!!!!」
A「本当だよ!」

美涼「ちょ、店の名前教えて!?」

A「名前?……」


そう言えば、店長さんにこう言われた。


"できるだけ、妖怪亭は噂のままにしてほしい"



A「……」
亮太「あ、姉貴?」
美涼「まさか……身体売ったりは……?」
A「してないから!!!



まあ、秘密!店長さんからそう言われてるの!!」
2人『……』





短くてすまんな

6話:店長さんからの贈り物→←4話:人間の従業員



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 妖怪 , 猫侍 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

午前の紅茶(プロフ) - 初コメ失礼します(・=・ )とてもおもしろいです!!続き楽しみにしてます!! (6月13日 1時) (レス) id: 5367670020 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:猫侍(天神様) | 作者ホームページ:http//  
作成日時:2019年2月8日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。