占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:14 hit、合計:3,046 hit

10 ページ12

「ど、どうして、それを…」

健水の言葉に恐る恐る、尋ねた。

こうして家族以外と話すことが彼女にとって
いつぶりかわからないぐらい久しぶりで
この話し方が合ってるのかどうか
彼女にはわからない。

その気持ちをわかってか、ただの優しさか
健水は彼女が頑張って発する一言、一言を
ちゃんと最後まで聞いてから、返事した。

「さくらがそう言ってたのと、なんとなく」

「なんとなく…?」

そんな健水の優しさに気づけるほど
彼女に余裕はない。

そのため健水からの言葉を必死で聞いて、
必死で波風を立てないように気をつけている。

それで精一杯だった。

「俺も…っていうか、俺、女性恐怖症やねん」

「え…?」

突然のカミングアウト。

彼女は動揺して思わず顔を上げ、健水と目が合った。

その目を見て、健水も驚いた。

いつも俯いて見えなかった彼女の綺麗なブルーの目。

その瞳を見て、思わずドキン…としたが
健水は話を続けた。

「中学生のときにさ、女の先生に襲われて
誰にも相談できひんくてさ、怖いのに。
そのうち、そのことがバレて学校中に知られて
俺の居場所なくなってもうてん。
先生は教員辞めてどっか行ったけど
俺は何もできんくて、耐えるので精一杯やった。
それで大阪から、こっちの学校に進学して
光黄くんと出会って、1年かけて克服した。
まだ怖いって思うことはあるけど、
こうやって話せるぐらいには大丈夫になった」

それを笑って、普通に話す健水。

そんな彼と比べてしまうほのか。

彼女の心の中は、ぐちゃぐちゃだった。

11→←9



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.5/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
8人がお気に入り
設定キーワード:風男塾 , 愛刃健水
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

星空宇宙(プロフ) - すぐ帰るとことか同じ過ぎる (12月5日 21時) (レス) id: 4c7289b17b (このIDを非表示/違反報告)
星空宇宙(プロフ) - 今の私の現実と同じすぎて奏音ちゃんの表現力に鳥肌たったしめっちゃ跳び跳ねてる! (12月4日 19時) (レス) id: 4c7289b17b (このIDを非表示/違反報告)
星空宇宙(プロフ) - 奏音ちゃんありがと( *´艸) (12月4日 19時) (レス) id: 4c7289b17b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:空井 奏音 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年12月4日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。