占いツクール
検索窓
今日:56 hit、昨日:225 hit、合計:12,773 hit
私は最大の推し、遥斗君を亡くした。
実際にあった訳では無く、此方が勝手に推していただけだった……だけだけどッ……

『いやァァァァァァ!!!!』



と、言うことがあり私は1週間引きこもりになった。
引きこもる私を兄は心配して、最初は1人にさせてくれたが、(これは不味い…)と思ったのか部屋のドアを叩いてきた。


「おい、開けろ。何時までイジイジしてる」


バンバン!と強く叩く兄に私は何も答えなかった。
すると、兄はバコン!と音を鳴らし部屋に入ってきた。


「手前ェも、そろそろ働けやァッッ!!」
『嫌だ!離せェェ…ワレの布団ン"ン"ン"!!!』


兄と布団の引っ張り合いになった。

(良いんだよ!餓死する!
推しも死んで、こんなデブ女…誰もコッチを向いてくれないもん!!!)


『お願いぃ!餓死させろやぁ!』
「させるわけねぇだろ!!飯を食え!」


すると、布団がビリッと破れ私の姿が兄に見つかった。
兄は悲鳴を上げていた。


『チッ…何してくんだ馬鹿兄』
「お、お前……(名前)だよなぁ?」

(それ以外誰だって言うんだよ、阿呆が)

広告↓
姉妹はいつも邪魔をする【文スト】【中原中也】執筆状態:連載中

















おもしろ度の評価
  • Currently 9.69/10

点数: 9.7/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
117人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 中原中也 ,   
作品ジャンル:ギャグ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:シグマ | 作成日時:2020年10月14日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。