占いツクール
検索窓
今日:12 hit、昨日:71 hit、合計:8,686 hit

ページ32

htside





ht「俺の大切な人に、穢れた鬼が触っていいわけないでしょ?」





俺は、日本刀でロボロの頭を落とした。


よかったなぁ、あの時中庭を見てて。


ああ、Aが絶望の表情を浮かべてる。


でもそれさえ美しくて、俺は笑った。





「な…なんで…?なんでロボくんを殺したの………?」


ht「なんでって……Aを好きなのは俺だけでいい。Aが見るのは俺だけでいい。だからさ」





そう言って、俺は日本刀を自分の首に当てた。


Aが焦ったように目を見開く。





「な、何してるの!?」


ht「俺は仲間を殺した。生きてちゃいけない。だからさ、A。最期まで、俺を見ててよ」





俺は勢いよく日本刀を滑らせた。


鋭い痛みが走ったのは一瞬。









ht「好きだよ、A」

☆閑話休題→←↓



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
36人がお気に入り
設定キーワード:○○の主役は我々だ! , wrwrd! , 番外編
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2020年2月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。