占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:52 hit、合計:8,598 hit

バッドエンド【sha】 ページ4

シャオロンは部屋で紅色の小さな箱を開けた。


そこには薄い黄色の指輪が嵌っていて、それが何かは容易に想像出来る。


今日は1年記念日である。


そしてAが音信不通になってから2日。


夜目の聞く幹部が交代で見に行ってくれているが、中々手がかりが見つからないらしい。


自分も探しに行くと行ったのだが、もしAが帰ってきた時の為に、と残るように言われた。


ただ祈る事しか出来ない自分が腹立たしい。


今Aの捜索に出向いているのは1番夜目が効くゾム。


ゾムは軽い動きで昨日見ていない道まで飛ぶように走っていく。


夜目の効くゾムがどれだけ城下町を走り回っても、中々見つけられない。





zm「くそ…っ………どこやねん…!」





それからゾムは夜が明けるまで探したのだが、やっぱり手がかりすら掴めなかった。

↓→←↓



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
36人がお気に入り
設定キーワード:○○の主役は我々だ! , wrwrd! , 番外編
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2020年2月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。