占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:5 hit、合計:8,603 hit

ページ3

em「ゾムさん。そろそろ会議の時間です…………よ………」





エーミールは独房に入ってきた瞬間、背筋が凍った。




___独房にゾムとAが倒れている。




慌てて独房の中に入って脈を測ったエーミールは、へたりと座り込んだ。


震える手でインカムに通信を入れる。





em「ぞ………ゾムさんとAさんが…………し…」









___死んでます









2人を火葬した煙が天高くに登っていく。


ゾムがパチッたポーションは、即死性の毒薬だった。


敵の観光客に対する拷 問用だったのだが。





gr「………我々の最高戦力であるゾムとAを喪うのは大きい」





グルッペンが要塞の中に作った小さな墓の前に立つ。
2人は死ぬその時まで指を絡ませていた。


エーミールが見つけた時にはすでに死後硬直が終わっていて、2人の手を離すことは出来なかった。





gr「…………だが、2人が幸せだったなら…」





グルッペンは墓に両手で抱えていた花束を置いた。









煙は絡まりあって曇天に吸い込まれていった。

バッドエンド【sha】→←↓



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
36人がお気に入り
設定キーワード:○○の主役は我々だ! , wrwrd! , 番外編
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2020年2月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。