占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:79 hit、合計:23,734 hit

5話 ページ7

スクリーンに柳沢カウンセラーを映したまま、教壇の「小野先生」―――――遥は説明を再開した。


「カウンセリングはこのように端末を通してもできますし、直接相談に来ていただいても構いません。通信には量子暗号を使用し、カウンセリング結果はスタンドアロンのデータバンクに保管されますので、皆さんのプライバシーが漏洩することはありません」


そう言いながら遥は、ブック型データバンクを持ち上げて見せた。

その時、隣に居た男性が遥に何か耳打ちをした。

途端、遥の顔が真っ赤にゆで上がる。

その顔の赤みは、何か大事なことを言い忘れていた、という風情だった。


「え、えっと、この方はこの1年E組に研修生として皆さんと共に学習する、鈴峰幸介さんです」


どうやら隣の男性――――――鈴峰の紹介を忘れていたらしかった。

鈴峰は少し苦笑いを浮かべ、自己紹介をした。


「はじめまして。鈴峰幸介です。研修生として頑張るので、どうぞよろしくお願いします」

「・・・本校は皆さんが充実した学生生活を送ることができるよう、全力でサポートします。・・・という訳で、皆さん、よろしくお願いしますね」


最初の短い間は、ショックから立ち直るのに要した時間だ。

遥の口調が今までと一転砕けた、柔らかなものになる。

教室内に、脱力した空気が漂った。

6話→←4話


ラッキーキャラクター

光井 ほのか


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
64人がお気に入り
設定キーワード:魔法科高校の劣等生 , 男主   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:龍牙 | 作成日時:2017年6月24日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。