占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:79 hit、合計:23,734 hit

0.1話 ページ20

No side

16年前 4月24日

ドガァン

バァン

ガキッ

戦闘音が響く廃墟。

ここは沖縄の元軍施設。

今、技術集団「紺來」と、零音率いる独立魔装大隊が戦っている。

既に指揮官であるはずの零音も戦闘に巻き込まれている。

こんなことになったのは、数時間前_______________。

◇ ◇ ◇

零音と柳、風間、真田の四人は今回使う拠点の指揮官室に集まっていた。

作戦の確認をするためだ。

そろそろ終盤に差し掛かった、その時。

ドォォォン

魔法の気配も無く突如壁が破壊され、30人余りの白衣に身を包んだ人間が入ってきた。

彼らは零音たちに向かって発砲した。

零音たちは魔法障壁で防いだが、他の兵たちが居る別室から断末魔と形容しても差し支えのない叫び声が聞こえた。


「チッ・・・」


零音が舌打ちを漏らす。

そこから戦闘が始まり、今に至る。

数時間に及ぶ戦闘の結果、兵はほぼ全滅、残った兵も満身創痍だ。

「紺來」は、自分たちの持つ技術を全て注ぎ込んで来ていた。

魔法力上昇は勿論、筋力上昇など人間の能力全てを上昇させていた。

ザクッ


「ぐッ・・・」


敵の長く伸び、硬化した爪に零音が腹を深く裂かれる。

少し体制を崩したのを狙い、別の人間たちが零音に群がる。

聞こえてくるのは、零音のうめき声と、体がぐちゃぐちゃになる嫌な音。

零音は力を振り絞り、叫んだ。


「お、まえら・・・に、げろッ!!!!」

0.2話→←17話


ラッキーキャラクター

光井 ほのか


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
64人がお気に入り
設定キーワード:魔法科高校の劣等生 , 男主   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:龍牙 | 作成日時:2017年6月24日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。