占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:21 hit、合計:55,433 hit

14 ページ15

白布side













次の日になっても、相変わらずAは朝から青い顔をしていた。





マネージャーとしての仕事はきちんとこなしてるけど、かなり疲弊してる様子だ。





漸く練習試合が一段落し
一時間の昼休みに入った。





監督達がいなくなってからAの元に駆け寄る。






白布「A、一緒に昼飯…」





侑「A〜食堂行くで」





白布「(は…?)」






宮侑が俺の横を通ってAの元まで行き、肩を抱いた。





おい待てよ…何なんだよこいつ。





宮は俺をチラリと見ると





侑「ああ、君いたんやな…気付かへんかった。」





そう言って鼻で笑った。





喧嘩売ってんのかこいつ…。





『あ…え、と…』





Aは俺と宮を交互に見てから溜息を吐き





『ごめん、賢ちゃん…』





申し訳無さそうに言うと俺に背を向けた。






いや…ごめんって…。





何でそいつと行くんだよ。





お前の彼氏は俺だろ…。





川西「いいの?あのまま行かせて。」





白布「今、頭混乱してる…。」






嫌がらせされてたって言ってたけど…。





どう見ても宮侑はAに好意を寄せていた。





天童「まあ、あんだけ人気の最強セッターに言い寄られたらコロッといっちゃうよね〜」





瀬見「確かに宮侑は白布よりガタイもいいし器もデカそうだけど…白布だって一途に片思いしてんだぞ。」





背後から聞こえてくるヒソヒソ話に腹わたが煮えくりかえりそうになった。






白布「いい加減にしてくれませんか!!
瀬見さん!!」





瀬見「は!?何で俺だけ…」





クソ…苛つく…





「Aは脅されとるだけや…」





白布「!」





振り向くと、宮治が立っていた。





白布「脅されてる…?」








15-侑side-→←13



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (145 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
194人がお気に入り
設定キーワード:宮侑 , 白布 , 白鳥沢
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

赤ずきん(プロフ) - 佐野濱典中毒さん» ありがとうございます!!!切ない夢主ちゃんとツム…堪能してください! (2月21日 23時) (レス) id: 91687a0e53 (このIDを非表示/違反報告)
佐野濱典中毒(プロフ) - 更新待ってました!ツムと夢主ちゃん切なくて続きが気になります(> <) (2月21日 20時) (レス) id: 40be193d41 (このIDを非表示/違反報告)
赤ずきん(プロフ) - チョコ下さい人間さん» 久々にコメント通知が来ていて、飛び上がりました!!わぁぁありがとうございます((´∀`*))これからも更新頑張ります! (2月14日 19時) (レス) id: 91687a0e53 (このIDを非表示/違反報告)
チョコ下さい人間 - あっ(思考停止)………好きですッッ!!!!!! (2月14日 17時) (レス) id: 704c3ea7dc (このIDを非表示/違反報告)
佐野濱典中毒(プロフ) - この話めっちゃ好きです!更新楽しみに待ってます(^-^) (2018年8月5日 15時) (レス) id: 4565b65725 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:赤ずきん | 作成日時:2017年1月16日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。