占いツクール
検索窓
今日:1,288 hit、昨日:7,045 hit、合計:717,989 hit

24 ページ24

知らない恋心2。





恵の気持ち。





A
「恵ありがと。」


恵はムスッとした顔をして、家の中をキョロキョロと見回している。
寮に住んでいないことがバレた。
ついでに、悟と住んでいる事も絶対にバレている。


伏黒
「…お前さ、五条先生となんかあっただろ。」


A
「大丈夫、ちょっと喧嘩しただけだよ。」


恵の視線が痛い。


伏黒
「じゃあ、寝不足なのはなんでだ?」


A
「あー、ちょっと…夢見が悪くて…。」


大した理由じゃなくてごめん。と、謝る。
すると恵はため息をついて、ベットに横たわっている私の手を握った。


伏黒
「俺が傍にいるから寝てろ。」


A
「え?」


伏黒
「俺じゃ不満か?」


首を傾げ私の顔を見上げる恵。


A
「い、いや、そんな事はないけど…。」





気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い。

ごめんなさい。

もう許して。

助けてよ。


A
「っ!!」


変な汗をぐっしょりかいてて気持ち悪い。
お風呂に入りたい。


A
「ん?」


体が動かない。
それになんだか布団が妙にガッシリしてるような…。


A
「…恵?」


私の頭の少し上から、すうすうと寝息が聞こえた。
なんで一緒に寝てんの。


A
「おーい、恵くーん?」


伏黒
「………。」


……反応無し。ダメだこりゃ。





A
「恵ー!!起きてー!!」


いくら呼んでも中々起きない。
脇でもくすぐってみるか。

こちょこちょこちょー。


A
「おーきーろー。」


伏黒
「…んー?」


起きた?と、思ったら、恵の両手が伸びてきて私の頬を挟み、ぐいっと上を向かせた。
まだ、うとうとしているのか眼が虚ろだ。


A
「…恵?」


恵の綺麗な顔が目の前に。


伏黒
「…すきだ。」


と、そっと額にキスをした。


A
「えぇ!?」


伏黒
「…………あ。」





寝言?

25→←23



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (258 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1191人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 伏黒恵 , 五条悟
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

mito(プロフ) - ハナさん» ありがとうございます!更新頑張ります! (3月7日 23時) (レス) id: 015c2c805f (このIDを非表示/違反報告)
ハナ(プロフ) - いえいえ!これからも応援し続けさせて頂きます!頑張ってください! (3月7日 18時) (レス) id: 07b8e9cde0 (このIDを非表示/違反報告)
mito(プロフ) - ハナさん» ご指摘ありがとうございます!次回から気を付けて書きたいと思います! (3月7日 17時) (レス) id: 015c2c805f (このIDを非表示/違反報告)
ハナ(プロフ) - 更新頑張ってください! (3月7日 16時) (レス) id: 07b8e9cde0 (このIDを非表示/違反報告)
ハナ(プロフ) - 面白いお話ありがとうございます!大変恐縮なのですが真依さんの「依」は「衣」ではなくニンベンのある「依」だと思います。指摘が間違っていたらすみませんがご確認の程宜しくお願い致します。 (3月7日 16時) (レス) id: 07b8e9cde0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:mito | 作成日時:2021年1月13日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。