占いツクール
検索窓
今日:1,298 hit、昨日:7,045 hit、合計:717,999 hit

21 ページ21

痛みと恐怖4。





五条side

独占欲の暴走。





A
「さ、悟…?」


様子が違う僕に強ばった表情を見せるA。
それが更に僕をイラつかせる。


五条
「黙ってろよ。」


A
「えっ…んぅ!?」


キスをした。

前にしたような触れるような優しいキスじゃない。

乱暴で、深い、深い、キス。


A
「んっ、んぅ…!」


Aは必死に抵抗しようとするが、力で僕に勝てるわけが無い。

制服に手をかけ、乱暴にボタンを外す。

真っ白なAの肌が眼を引く。
手が触れる度、Aはビクリと反応した。


五条
「反応してんの?可愛いね。」


A
「…っは…!はぁっ…や、やめっ…!」
「っ、おかしく…なっちゃう…!」


五条
「そんな事言われると逆にそそるね。」


涙目で見上げるAは、可愛くて、愛しくて…。
もっともっと、虐めて、鳴かせたい。

また再度キスで口を塞ぐ。


A
「…っは…んっ…!」


何度も、何度も何度も、角度を変えて、深い、
深い深い、キスをする。


A
「…っはぁ…、はぁっ……。」


Aは頬を赤くし、トロンとした表情で僕を見る。

ゾクゾクした。

もっと色んなAを見てみたい。


五条
「…ハハッ、えっろい顔してんな。」


もう抵抗を諦めただろうAの首筋に顔を埋め、首筋に吸い付いた。
綺麗についたそれは僕をもっと興奮させた。


五条
「A、肌白いから直ぐバレちゃうね。」
「…そうだ、逆に見せつけてあげようか。」


首から下がり、鎖骨や、胸、お腹、太腿など…どんどん赫い痕を残していく。
痕を残されるたび、ピクリと反応するAがとても愛おしい。


五条
「可愛い。」


Aの体についた沢山の痕。
まるで僕のものだと言っているようだ。


A
「…だよ……。」


五条
「ん?何か言った?」


A
「…もう、…もう…やだよぉ…。」


小さな小さな弱々しい声が聞こえた。


五条
「…A?」


A
「…こんなの…私が好きな悟じゃないっ…。」


うえぇ…と、子供のように声を出して、ボロボロと大粒の涙を零すA。
初めて見たAの涙に僕は動揺を隠しきれなかった。


五条
「…ごめん。」


と、たった一言を捻り出した。我ながら情けない。
罪悪感でいっぱいになった僕は羽織っていた上着をAにかけ、家を出た。





ごめん。

22→←20



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (258 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1191人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 伏黒恵 , 五条悟
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

mito(プロフ) - ハナさん» ありがとうございます!更新頑張ります! (3月7日 23時) (レス) id: 015c2c805f (このIDを非表示/違反報告)
ハナ(プロフ) - いえいえ!これからも応援し続けさせて頂きます!頑張ってください! (3月7日 18時) (レス) id: 07b8e9cde0 (このIDを非表示/違反報告)
mito(プロフ) - ハナさん» ご指摘ありがとうございます!次回から気を付けて書きたいと思います! (3月7日 17時) (レス) id: 015c2c805f (このIDを非表示/違反報告)
ハナ(プロフ) - 更新頑張ってください! (3月7日 16時) (レス) id: 07b8e9cde0 (このIDを非表示/違反報告)
ハナ(プロフ) - 面白いお話ありがとうございます!大変恐縮なのですが真依さんの「依」は「衣」ではなくニンベンのある「依」だと思います。指摘が間違っていたらすみませんがご確認の程宜しくお願い致します。 (3月7日 16時) (レス) id: 07b8e9cde0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:mito | 作成日時:2021年1月13日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。