占いツクール
検索窓
今日:22 hit、昨日:67 hit、合計:10,822 hit

ばーすでい ページ45

「A、生まれてきてくれてありがとう」

いつも通り、ちょっと遅めに目を開く、俺だけのお姫さま。体をホールドしたまま、たぶんまだ意識は覚醒してないんだろうけど、誕生を真っ先に祝う。

「それは私の母上に、お腹を痛めて産んでくれてありがとうと言って」

たぶん毎年、寝言のように言ってるから、条件反射で言ってるんじゃないかと思うそのひとこと。だいたいそう言ったの、自分じゃ覚えてないよな。今年は当日じゃないし。

「毎年言ってます」

「えっ重い」

ほら。やっぱり覚えてない。

「例年、明後日はAの関係者全員に対して感謝を伝えて重いと一蹴される日です」

「そりゃそうだわ。えー、すごいね、でも。そういうよくわかんないとこ好きだよ」

「よくわかんないとこが好きなの?」

「うん」

「ひどいなそれ」

そんなよくわかんないところを好きになるあたり、よくわかんないよな、この子も。さすが彼方さんの妹って感じがする。
顔とか、外見はしゅっとした美人だけど、よく知るひとたちには、可愛い子って言われる理由はここにある気がする。

「私はもともとこんな女です」

「んー、知ってる知ってる、んー、ふわふわ」

「どこ触ってんのやめて」

ホールドしてる腕の力を強めると、やっと気付いたらしく、ほっそい手脚を少し動かして抵抗らしいことをする。少しも効いてないよ、それ。

「朝ごはん作るから離して」

「えー、どうしよ」

「朝抜くと太っちゃうよ、いいの?」

「俺はダメだけどAは太ってー」

「七時半には食べたい」

「じゃあ七時に離してあげるから、ツイッター見ないで」

「んー、たばこ」

「なんで⁈」

煙草を吸ってるところも絵になるけど、やっぱり吸い始めるとなかなか終わらないので、できれば吸って欲しくない。という意味を込めて、指を絡める。

そんな、たくさん祝福される日の(ちょっと前だけど)彼女を独り占めできる、俺だけの朝。

6.9→←しごかれる



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
設定キーワード:luz , 歌い手 , 眼帯系歌い手
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

おれんぢ(プロフ) - 硝子体さんの作品を初めて見させて頂いたんですが、とても面白くてつい3日掛けて一気に読んでしまいました…!文章、内容、キャラと全てが好みで、ついつい入り込んで抜けなさ出せなくなってました…ほんとに素敵な作品をありがとうございます(´;ω;`) (7月19日 8時) (レス) id: 9de4de3d6f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:硝子体 | 作者ホームページ:https://mobile.twitter.com/glass_urtk  
作成日時:2018年12月22日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。