占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:2 hit、合計:24,982 hit

貴「明日もまた、色々ありそうです。」 ページ22

セ「wwwwいやー、笑った笑った。ま、ほんまお疲れ様、A。」

貴「…うん。ありがとね、センラ。」

セ「何ー?A今日はデレ期なん?」

そんな事を言いながらニヤニヤするセンラ。
違うから、と言ってセンラの頬を思いっきりつねる。

セ「いたたた、離してぇや!俺が悪かったからぁ!」

貴「分かれば宜しい。」

パッと手を離すと、引っ張った場所を擦りながら痛ったー…と呟くセンラ。

貴「センラが悪いんだから。じゃあほら、取り敢えず下行こ?」

座った状態から立ち上がり、センラの手を引く。
センラは然り気無くドアを開けてくれたり、胸毛のクセに女子がされて喜ぶことを覚えているみたいだ。

浦「お、A、センラ。生放送お疲れー。」

坂「ズルいでセンラ、Aとコラボ放送とかー。」

うらさかの二人が、降りて行くなり俺達に言う。

貴「さかたんも見てたの?浦島しかコメントしてなかったから、てっきり見てないものだと…」

坂「見てたよー。俺、Aのやつは全部通知ONにしとるもん。」

へー、ありがとう、と返して、うら兄さんの隣に行く。

浦「今度俺ともやろーね、コラボ。」

貴「うん、良いよ。もうコラボ制限する必要ないしね。」

すると、スマホにLINEが。

まふまふ『ごめん、今日行けなかった!明日は行くから待っててね!』

まふまふ『後、そらるさんもいるよ』

…あぁ、そう言えばそんな事言ってたな。けど、そらるさんも来るのか。

やな訳じゃないけど、何か緊張するなぁ。

貴「了解、っと…。」

スマホに返事を打ち込みながら、俺はそんな事を考えていた。

続く  (更新停止中) お気に入り登録で更新通知を受け取ろう

←貴「gdって来たので終わりましょう。」



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (64 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
195人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 浦島坂田船 , シェアハウス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

nana(プロフ) - くあまそさん» いえいえ!楽しんで頂けたなら幸いです!コメントありがとうございました! (3月26日 9時) (レス) id: c4e81fb3b3 (このIDを非表示/違反報告)
くあまそ - 浦島坂田船大好きなので嬉しいです!ありがとうございました! (3月26日 8時) (レス) id: 449767878f (このIDを非表示/違反報告)
nana(プロフ) - うごが終わるの悲しいよここ#さん» コメントありがとうございます!センラさんですね、分かりました!頑張らせていただきます( ̄∀ ̄ゞ−☆ (3月24日 21時) (レス) id: c4e81fb3b3 (このIDを非表示/違反報告)
うごが終わるの悲しいよここ# - こういうの好きです!!!センラさんとの絡みをもっと・・・ (3月24日 18時) (レス) id: c1d8edb9ce (このIDを非表示/違反報告)
nana(プロフ) - 光希さん» ありがとうございます!更新頑張らせていただきます( ̄∇ ̄*)ゞ (3月19日 20時) (レス) id: c4e81fb3b3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:nana/志麻リス | 作成日時:2018年3月10日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。