検索窓
今日:4 hit、昨日:13 hit、合計:3,346 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]

「どうしてお前みたいな奴がこの町にいるんだ」


「あんたなんかどうして生まれてきたのよ」


「お前に生きている価値はない、さっさと死なないか」


「あんたは人間の屑よ、塵よ、早く私たちの前から消えて!!」



毎日のように言われた暴言がある日を境に終わった



それでも心の傷が癒えることはない



自分の身を守るため



今日も自分で自分を偽る


ーーーーーーーー



皆さん、こんにちは、こんばんは!


作者のユメたんです。



初めましての方はこちらを!
↓↓
【鬼滅の刃】そして私は独りになった


この作品は上記の作品の続編です!




そして!!
是非是非、この作品も読んで下さい!!!

私の友達が作った作品なので!
この作品作りにも協力していただいています!


K-dreamさんの作った個性が廻る社会の裏で呪い合い


T-alphさんの作った《ピクミン2、3》時空の歪んだあの星で←一作目
道に迷った、はぐれた君に《ピクミン》←二作目執筆状態:連載中

シリーズの最初から読む











おもしろ度の評価
  • Currently 9.38/10

点数: 9.4/10 (24 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
69人がお気に入り
設定タグ:鬼滅の刃 , 救済 , 最強
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ユメたん | 作成日時:2022年8月3日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。