占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:2 hit、合計:3,172 hit

世界観《必読》 ページ2

.

○戦争

それは今からずーっと未来の世界。
人間たちは爆発的に増え続け、一方他の種族は減り続けていた。
ある時、世界中を巻き込む大きな戦争が起こった。
戦争が起きた理由は土地と資源の枯渇。
これは必ず起こる戦争だったのだ。
戦争の末、人間も、動物も、植物も、全てが消え去ってしまった。

○誕生

地球は怒った。8人の中で最も穏やかなあの地球が怒ったのだ。
自らの身体を食い荒らされた苦しみや悲しみが抑えられなくなった結果、怒りへと繋がったのだ。
世界中の海は荒れ、山は火を噴き、地面は割れ、空は真っ赤に染まった。
そして、全て消え去った。
地球は後悔した。どれだけ苦しめられようと、自らの子であることには変わりなかったからだ。
地球にはもう力がなかった。新たな命を育む力が。
そんな地球に手を差し伸べたのが月。
月は太陽の光と地球の影によって姿を変えることができる存在。そのため地球の力は月にとっても必要だったし、何より青くたくさんの命が溢れる地球が大好きだった。
月は8人の神の中でも最弱。だが、途方も無い時間をかけて貯め続けてきた力があった。
地球は月のその力を受け取り、まずは植物を生み出した。が、地球が美しい緑を取り戻す頃にはもう新たな命を創り出すことができなくなっていた。力が足りなかったのだ。
地球はもうこれ以上は諦めてしまおうかと考えた。
その時、他の6人の神が地球に手を差し伸べた。自分たちには命を創り出す力はないが、行き場を無くし彷徨う魂をモノに込めるくらいならできる、と。
そうして生まれたのが彼ら、この物語の主人公たちである。
彼らはかの人間のような姿形をしていたが、人間ではない。様々なモノ…植物、鉱物、液体などに魂が吹き込まれた新たな命である。
彼らは何百年、何千年もの間に何人も生まれていった。

○神さま

このお話に出てくる神さまは全部で8人。
その神様は、地球、太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星。これらそのものである。

○新たな命

新たな命は主に
・植物種
・鉱物種
・液体種
に分けられる
名前の通り植物種は木や花など、鉱物種は鉱物、液体種は水や油などに魂が宿ったもの。
この宿った魂にはほんの少しだけ記憶のカケラが残っている。それが人格に影響しているのかはわからない。
性別は無く、繁殖などもしない。
彼らに死という概念は無く、壊れたり溶けたりすることはあっても、元の姿に戻ることができる。

.

テンプレの説明《必読》→←注意事項《必読》



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定キーワード:募集企画 , 無期限募集 , 募集中 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:依夜 | 作者ホームページ:   
作成日時:2017年12月23日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。