占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:34,490 hit

アホ妄想〜看病編31〜 ページ45

こんにちは〜(*´∀`*)ノ

今日も懲りずにアホ妄想〜♪

はい!続きです!

*〜*〜*〜*〜*


天才料理研究家の息子が作った美味しい朝ご飯を食べながら

あなたのだだ下がりのテンションも徐々に上がって来たみたいです。


「あんなに冷蔵庫にストックあるから
いつでもお客さんにご飯出せるわね〜モグモグ」

比与太「あぁ(笑)うん、そうだね」

「友達とかよく遊びに来るの?モグモグ」

比与太「呑みに行った後とか皆うちに泊まること多いよ?」

「へぇー」←あんまり興味なし。

比与太「Aちゃんも いつでも泊まりに来てくれていいからね♪」

「あ。そっかぁ〜。持ち帰った女も来るもんなぁ。モグモグ」

比与太「えっ?」

「一体このへやには何人の女が来てるんだぁ?モグモグ」

比与太「女の子は……」


まぁ、当然そう思いますわなぁ〜。


「あ、何十人?いや、何百人?
あー…何千人とかぁ?モグモグ」←エスカレート。

比与太「・・・Aちゃん」

「ん?モグモグ」

比与太「俺・・・女の子は、部屋に入れたことないよ」

「え〜?うっそだぁ〜モグモグ」

比与太「本当に。・・・俺、彼女以外は家に女の子は入れないよ。
家の場所も教えてない。」

「またまたぁ〜モグモグ」


またまたぁ〜ヾ(≧∇≦)←作者も疑ってる事態。


比与太「この部屋に引っ越してからは、部屋に入った女の人は

お母さんと、Aちゃんだけだよ。」

「もっと現実味のある嘘つきなさいよ〜(笑)

めんどくさくて突っ込む気が失せるわ」

おいおい。


比与太の言葉は、これまでの彼の女性遍歴を知っていれば

誰も初めから信じる人はいないでしょうねぇ〜。。。

さぁ!どうする!?比与太!


比与太「信じてもらえないかもしれないけど・・・

本当に、女の人は入れてない。

・・・一人の人と、何度も・・・その・・・

そういうことはしない」

「モグモグ……っえ?」

比与太「ホントッ……俺って最悪……。

・・・ごめん、Aちゃん」


比与太は、箸を置いてかしこまり

申し訳なさそうに、あなたに頭を下げました。


「本当。・・・最悪だな、比与太」

比与太「・・・うん」

「・・・なんで入れなかったの?

こんなふうに手料理でも振る舞えば簡単に落ちるんじゃない?……まぁ、家に来てる時点で落ちてるか(笑)」

比与太「……居て欲しいとは思わなかったんだよ」

「えっ?」

比与太「ずっとそばにいて欲しいとは思わなかった」

アホ妄想〜看病編32〜→←アホ妄想〜看病編30〜



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (94 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
123人がお気に入り
設定キーワード: , アホ妄想 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - alexisさん» 今章も最後までありがとうございました<(_ _)>良かったらまた次章も宜しくお願いします(。・∀・。)ノ (10月20日 17時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
alexis(プロフ) - 裕さん» 弱い女と強い男はいない…と申しますから………比与太、ぐぁんばれーー(゜∀゜) (10月19日 19時) (レス) id: d8faaba8f4 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - やらしーぴよ。まぁ、欲求不満だから仕方が無い(笑) (10月18日 11時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - やっちーさん» 飴とムチ。ですよ( ´艸`) (10月18日 11時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
alexis(プロフ) - 裕さん» 比与太、キッスgetなるか?!!それとも鉄拳を食らうか?!( ̄ー ̄) (10月17日 17時) (レス) id: d8faaba8f4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:http://id29.fm-p.jp/279/jjhh/  
作成日時:2017年11月10日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。