占いツクール
検索窓
今日:143 hit、昨日:345 hit、合計:494,601 hit

3 ページ31

次に配置を発表されたのは山田八乙女だった。
これまた驚いた。





料理上手で接客もうまそうな
彼らが配置されたのは…






山田「死ぬ…、
なんでバイト来て泳ぎの練習なんだよ…」

八乙女「俺、スッゲー水飲んだ」








海の監視、および浮き輪等レンタル販売業務。









彼らは声を大にしていった。
俺らカナヅチ!って。






その声は海の風に流され、
完全スルーとなった。







その日から、
二人はただひたすらに、
泳ぎの練習と、








山田「今時、手動はねーだろ!」








足踏み式の空気入れで、
浮き輪等の空気入れをはじめた。

4→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1235 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1844人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:るん | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/isut/ano/  
作成日時:2017年6月10日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。