検索窓
今日:1 hit、昨日:15 hit、合計:14,498 hit
| CSS .
 



𓆌𓆌𓆌


 “──一般人である私の首など容易く手折れるはずの掌の、頬を撫でる優しさが好きだった。煙とムスクの香りを身にまとい、闇から溶け出るように現れる大きな背中も。”

“──私の名を呼ぶ、低い声が好きだった。”


𓆌𓆌𓆌







⚠当作品には軽度の性的描写が含まれます。閲覧は自己責任でお願い致します。


・Start ▹▸ 二年前:アラバスタ
・NOT原作沿い、オリジナルストーリー
・気まぐれ更新
・御相手は𓆌さん
・オリジナルキャラ(モブ)/要素あり
・何でも許せる人向け。


更新連絡 ▹▸ 全話微修正(9.18)

2022/11/04 完結


今後、不定期に後日譚/番外編を追加する予定です。興味の無い方は通知が入らないようお気に入り登録を解除してください。執筆状態:更新停止中































 
 










おもしろ度の評価
  • Currently 9.79/10

点数: 9.8/10 (63 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
135人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白鯨(プロフ) - みうしさん» 嬉しいお言葉をありがとうございます! 私としましてもまだ書きたいものが幾つかありますので、またぼちぼち気まぐれに更新しようかと思います。何卒気長にお待ちください。 (11月13日 23時) (レス) @page32 id: 7a595430fd (このIDを非表示/違反報告)
みうし(プロフ) - 大好きな作品が終わってしまって寂しい〜〜泣泣と思っていたら番外編も書いてくださるんですか😭😭是非読みたいです……!! (11月12日 8時) (レス) id: f1ae5cae79 (このIDを非表示/違反報告)
愛ってなんや? - 面白いです!!続き待機してます!! (10月23日 14時) (レス) @page19 id: 027cc676f2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白鯨 | 作成日時:2022年5月25日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。