占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:74 hit、合計:16,274 hit

仲直りと思い出した事 ページ4

ガチャ………


ナタ「あら?お邪魔だったかしら?」

その姿をみて

ナタ「ちょっと!その肩どうしたの?!」

ナターシャが近寄り心配そうにしている

(ナターシャ…あのっ)

ナタ「何?」

(沢山、ごめんなさい。)

シュンとしてるA

クリントを押しのけて

クリ「おっと………」

Aを抱きしめるナターシャ


ナタ「私も悪い所あったかもしれないし、それにクリントは家族で男として見てないから、安心して」

(本当にごめんなさい。)

チュ………

クリ「キスするなよ」

ナタ「クリントばっかりズルイわ。」

Aはシャツを着ようとすれば

ナタ「その肩何とかしないとダメね」

ガチャ

バナ「ナターシャ、おっと、お邪魔だったかな?」

(ちがうちがう!)

Aは、急いでシャツを着る

ナタ「これ見てよ」

襟を引っ張り博士にみせる

バナ「これは、一体どうしたんだ?」

(バッキーのヴィブラ二ウムの腕でこうなっちゃったの)

バナ「酷いな。スタークにも聞いて何か有効な手立てがないか調べてみよう」

(ありがとう)

スタークタワーに戻ったメンバーは

ワン「A?」

(こっちの味方になってくれてありがとう)

ワン「それはいいんだけど………」

ワンダは指先にテレキネシスを出し

クリ「何してる?」

スタ「なんだ?」

ナタ「ワンダ?」

ソー「おい!?」

ワン「A妖術がかかってるわ」

(………そんな事ないよ?)

クリントとキャプテンは
やっぱりそうかと思った

ワンダがAに手をかざせば

(っ!痛い!)

頭を抑え

クリ「A?」

ソー「大丈夫か?」

スタ「術がかけられていたなんて気づかなかった」

ワン「強いものじゃないから、気づかないわ。」


Aが顔を上げれば

目の前にクリントとキャプテンとソー

(/////私!なんて事を!)

ソーとのキス
キャプテンとのキス
クリントとの夜を思い出し

ナタ「顔が真っ赤だけど?」

キャプ「だからおかしかったのか」

ソー「そうゆう事か…」

納得がいったキャプテンとソー

クリ「忘れたとかいわねーだろ?」

(覚えてる/////)

クリ「なら問題ない。」

スタ「それはどうゆう事だ?」

クリ「まぁ、色々。」

Aはクリントとキャプテン、ソーと距離をとり
少しづつ離れていく

クリ「離れる事はないだろ?」

(本当、恥ずかしいから!/////)

クリントとAはリビングをぐるぐる回る

スタ「どうなってんだ?」

肩の痛み→←仲直り1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (41 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
84人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ナナミ(プロフ) - 岡Pさん» コメントありがとうございます!次をどうするか執筆中です。しばしお待ち下さいませ。 (7月26日 14時) (レス) id: 162c0f6f4e (このIDを非表示/違反報告)
岡P(プロフ) - とても面白く、次の展開がどうなるのが楽しみで読ませて頂いています。更新楽しみしています。 (7月26日 1時) (携帯から) (レス) id: 8256504f4a (このIDを非表示/違反報告)
ナナミ(プロフ) - ななさん» 書き込みありがとうございます!とても励みになります。 (7月23日 15時) (レス) id: 162c0f6f4e (このIDを非表示/違反報告)
なな - いつも楽しく読ませていただいています!本当に好きすぎて毎日読んじゃってます笑 更新頑張ってください! 楽しみにしてます! (7月23日 13時) (レス) id: f72bdd49ee (このIDを非表示/違反報告)
ナナミ(プロフ) - 戦国娘さん» お気になさらないでください!読んでいただき嬉しいです! (7月17日 19時) (レス) id: 162c0f6f4e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ナナミ | 作成日時:2019年7月11日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。