占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:74 hit、合計:16,270 hit

本部へ行く ページ30

次の日、

荷物を持った

Aとナターシャ

ナタ「忘れ物ない?」

(大丈夫!)

ナタ「取りに来れるからいいけど」

そこへやってきた

フィル「おはよう。用意できたか?」

ナタ「できてるわ」

(うん!)


キャプ「気をつけて行ってこい。」

ワン「頑張ってね!A」

バナ「無事を祈るよ」

1人づつハグをしていくAとナターシャ


ピエトロがAとハグすれば

ピエ「帰ってこいよ」

(うん。喧嘩は駄目だからね。)

ピエ「わかったよ。」

ずーっとハグし離さない

(ピエトロ?)

クリ「長い」

引き剥がされ

クリントはAを抱きしめる

クリ「危ない時は隊に頼れ。連絡するからな。」

(うん。頑張ってくるから)

チュッ、チュッ

クリントはAの頬と額にキスをする

(ちょ皆んなが見てるよ////)

ナタ「クリント、しつこい」

クリ「いいんだよ。」

ピエ「俺もすればよかった」

クリ「あ?なんかいったか?」

キャプ「まぁまぁ:;」


行ってきますと言って

コールソンの車に乗り込んだ。
本部に到着し
ナターシャとAが使う部屋に案内され
2人は同じ部屋。

フィル「じゃぁ、隊員達に紹介する。」

隊員がいる部屋にいけば長官も一緒にいた

フィル「入るぞ」

(失礼します。)

ナタ「失礼します。」

長官「よく来てくれた、これから1カ月この2人が隊と一緒に行動してもらう。」

Aは隊員を目だけ動かして確認する

長官「こっちは隊長だ」

隊長は一歩前に出て敬礼をする

(………:;)

それは背が高くてごっつくて色黒だ
クリントはいい奴と言っていたが
隊長がAを上から覗き込む

隊長「よろしく」

(よっ、よろしくお願いします!)

Aは敬礼をしていたが

ナタ「そんなに畏まらなくても大丈夫よ。」

(え?)

ナターシャは隊長に握手をして

ナタ「久しぶり、この子をよろしく。」

隊長「お久しぶりです。こちらこそよろしくお願いします。」

ナタ「相変わらずデカイわね。」

(知り合いなの?)

ナタ「前に一緒に戦った事があるの、みてくれはこんなだけど、信頼できるわ。」

隊長「貴女の力、頼りにしてます。」

(大した事は出来ないけど。)

にっこり笑ったAに
他の隊員は顔を赤らめた

フィル「大丈夫だろ?」

(うん!)

本部で挨拶→←本部の仕事



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (41 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
84人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ナナミ(プロフ) - 岡Pさん» コメントありがとうございます!次をどうするか執筆中です。しばしお待ち下さいませ。 (7月26日 14時) (レス) id: 162c0f6f4e (このIDを非表示/違反報告)
岡P(プロフ) - とても面白く、次の展開がどうなるのが楽しみで読ませて頂いています。更新楽しみしています。 (7月26日 1時) (携帯から) (レス) id: 8256504f4a (このIDを非表示/違反報告)
ナナミ(プロフ) - ななさん» 書き込みありがとうございます!とても励みになります。 (7月23日 15時) (レス) id: 162c0f6f4e (このIDを非表示/違反報告)
なな - いつも楽しく読ませていただいています!本当に好きすぎて毎日読んじゃってます笑 更新頑張ってください! 楽しみにしてます! (7月23日 13時) (レス) id: f72bdd49ee (このIDを非表示/違反報告)
ナナミ(プロフ) - 戦国娘さん» お気になさらないでください!読んでいただき嬉しいです! (7月17日 19時) (レス) id: 162c0f6f4e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ナナミ | 作成日時:2019年7月11日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。