占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:595 hit、合計:253,690 hit

8.俺は彼女欲しい ページ9

別に俺は色恋沙汰に関しては鈍感な訳じゃない。寧ろ人より敏感なのでは無いかと自負さえする

だって「彼女いる?」なんて質問をされて意識しない男なんていないだろ??しかも思春期真っ盛りですよ?その手の話題に反応しない訳がない

取り敢えず一旦落ち着こう。まだ彼女が俺の事を気にしていると決まった訳じゃない

さて、ここは正直にいませんと答えるのが無難だろうか。というか嘘つく理由もないからいいか

止まっていた思考回路をめぐらせた俺は、困った笑みで言った

『残念だけど、居ないんだよね……』

この台詞に関しては「残念だけど」がポイントである。こうする事で、いかにも「彼女欲しいなぁ」という感を、控えめに、だけどハッキリと出していく









ってこの前の知恵袋で見たんだ

「へぇ………」

彼女は俺の言葉を聞くや否や、少しだけ黙り込んで何かを考え、そして笑顔で言ったんだ







「よかった」って

「よかった」つまり俺に彼女がいないという事を良しとして思っているのだ

と言う事はもしや_______








「じゃあ、私はそろそろ帰るから。またね」


自惚れ過ぎた俺は、笑顔で手を振り返す事しかできなかった


_______________________



『ただいまぁ……』

そう言って家へ帰る。いつもの事だが返事はない。それでも挨拶を欠かさない俺は偉い

弟は部活、親は仕事で遅くなるのが日課なので、基本的にバイトがない日は帰っても俺しかいない


筈なんだ


いつも通り自分の部屋へ入ろうとドアノブを握りかけた時、スプリングが軋むような音が聞こえ、思わず手を止めた

何故誰も居ないであろう俺の部屋から物音が聞こえるのか。好奇心と不安に駆られ、気のせいか確かめる為に聞き耳を立てる

「……ぃ、さ……」

微かに聞こえる声、の様なものは小さ過ぎて何を言っているのか分からない

少しだけそのまま聞いていると

「……わぃ……よ」とか「…………き…ぃ」とか、もう訳が分からなかった

ただただ怖くなった俺はリビングへと戻り、ひとまず窓やドアに鍵がかかっているかを確認する

因みに玄関のドアは俺がさっき開けたから確認しなくても大丈夫。と心の中でサムズアップする


一通り確認したが何処もかしこもきっちり鍵がかかっている。その上ここは住宅街なので、泥棒が入る事はあまりないと思う

でも、そうなるとあの物音は一体何なのだろうか

9.俺はピンチ→←7.俺は迫られる



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (342 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
628人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , BL , 男主   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白餅はるた - コメントありがとうございます!続編できましたので、そちらでもどうぞよろしくお願いします! (11月26日 11時) (レス) id: faa09c0d89 (このIDを非表示/違反報告)
さかあ - やばいです!もうこういうの最高です!また続き頑張って下さぁい! (11月23日 14時) (レス) id: 49032fd1de (このIDを非表示/違反報告)
名無し - もー、最高ですね!最高過ぎて、自分の趣味にドンピシャ過ぎてやばかったです!!占ツクの小説の中でこんなに素敵な作品に出会えて嬉しく思います!応援しています!!更新を楽しみにしています!! (10月25日 20時) (レス) id: 8a6f5e2681 (このIDを非表示/違反報告)
白餅はるた - コメントありがとうございます。楽しんで頂けて嬉しいです(*´˘`*) (9月16日 11時) (レス) id: a9242b218f (このIDを非表示/違反報告)
- すっごく面白いです!!更新楽しみにしています!!頑張ってください! (9月15日 8時) (レス) id: 628edc4d83 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白餅はるた | 作成日時:2018年6月23日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。