占いツクール
検索窓
今日:2,015 hit、昨日:4,875 hit、合計:51,692 hit

18.俺はお邪魔される ページ19

『っふ、ぁ……やめ、』

弱々しい声を出して抵抗する俺、なんて惨めなの!

しかしそれをやんわりと、なんとなく押さえ込む先輩はきっと相当のテクニシャンと見た

この見た目からしてきっと経験豊富なんだろう

あ、でも待って、そう言えば先輩って___








『ゲイなんですか?』


「……へ?」


やっちまった

_______________________


「あー……えっとね、ゲイっていうか、なんつーか……





俺さ、実は女の子怖いんよね……」


そう言って分が悪そうに笑う先輩。所謂女性恐怖症ってやつだろうか、意外である

「多分付き合った子に全然手ぇ出さないからそんな噂を流されたんかなぁ……」

あはは、と苦笑いをして起き上がる先輩。これなら危機から逃れられそうだ

そう思い少しだけ先輩から離れようとすると






「まぁ、女の子の代わりに男使って発散した訳だから否定は出来ないんだけどさ」

そう言って再度俺を押し倒し、両腕を掴む先輩。まさかさっきのでフラグが建築されたっていうのかよ


「さっきから可愛い声出すから、本当はそんなつもりなかったのに興奮してきたんやけど」

『へ、いや、あの……そういうのは両者同意の元やるべきでは……』

冷や汗が頬を伝うのが分かった。だって今、先輩の表情は_________

「大丈夫だいじょうぶ、少ししたら黒木君からお強請りしてるから……ね?」

そう言ってにっこりと、だけど瞳は獣のソレと同じ表情になっているから

「それじゃ、おじゃましまーす」

そう言って俺の服を口を使って器用に捲り


『………あの、何処舐めて……っ』

ぺろりと舐められたのはお腹で腹筋のある部分。因みにバキバキではないが少しだけ割れている

くすぐったさに耐えていたらそれは段々上へと向かって行き


『っえ、ちょ………!』

肋骨を数えるように執拗に舐められ、その次に胸周りを舐められてしまい一瞬だけ肩がビクリと上がる

『な、なんでそんな所……っ』

相変わらず擽ったいのでそれに耐えていたら、ようやく喋りだした先輩は

「やっぱり開発されてるわけ無いよなぁ」

そう言って俺の胸を執拗に舐めた

しかし不思議な事に、最初はくすぐったかっただけの胸はいつの間にかむず痒い感覚に襲われる

『んっ、せんぱっ、い………それ、やだっ』

段々と変な感じになり、舌で触れられる度に震えてしまう

しかしこの状態は非常に不味い。最悪俺の処女を失ってしまうのではないだろうか

19.俺は襲われる(泣)→←17.俺は蚊に刺された



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (157 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
333人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , BL , 男主   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白餅はるた - コメントありがとうございます(*´˘`*)弟君人気みたいで嬉しいです(*´▽`*)拳で抵抗するネタ分かって頂けたみたいで良かったです笑 (3時間前) (レス) id: d8e701f73f (このIDを非表示/違反報告)
拳で - いいぞもっとやれ (7月22日 20時) (レス) id: 0fc8570bb5 (このIDを非表示/違反報告)
拳で - んふふふふwwwwwwwwww勿論wwwwwwwww抵抗するでwwwwwwwwwwとかwwwwwwwwwww (7月22日 20時) (レス) id: 0fc8570bb5 (このIDを非表示/違反報告)
桜餅 - ありがとうございます。もうなんとゆうかありがとうございます。これからも更新がんばってください! (7月21日 20時) (レス) id: 267b829f9d (このIDを非表示/違反報告)
かれぃぱん - 兄弟やばい!!!がんばってください! (7月21日 8時) (レス) id: 14c32f14a1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白餅はるた | 作成日時:2018年6月23日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。