占いツクール
検索窓
今日:2,025 hit、昨日:4,875 hit、合計:51,702 hit

1.俺は走る ページ2

まだ朝日が登らない、だけど徐々に明るくなってくるこの時間帯______________







目を擦りながらむくりと起き上がる。早朝だからなのか、少しだけ寒くて何か上に被せるものを探しているが見当たらない

もしかしたら、とベッドの外を見れば、案の定ストライプの涼し気なタオルケットが落ちていた






_______________________

最近の子にしては珍しいのかは分からないが、俺は早起きさんである。それも目覚まし無しで起きれる系の

中学時代にとんでもハードな部活をやっていたおかげか、早寝早起きを無意識にできる健康な男子高校生へと鍛え上げられていたのだ

しかし今の俺は帰宅部。早起きしたところで特に何かある訳ではないので……








『走りに行こ…』

寝癖の着いた髪を直しながら呟いた






_______________________

朝って素晴らしい。熱くなってきたこの季節は特にそう感じる

冷たい空気、通行人が少なく静かな道。時折見かけるのは、部活の朝練があると思われる通学生か俺と同じく朝からジョギングをする健康人間が殆どだ

それに紛れて走る俺。何故モテないのだろうか

なんて考えながら走っていると、後ろから足音が聞こえた。速さからして俺と同じくジョギング勢だろうか。等と思っていた

つまり油断していたのだ

「はよ、A。朝からジョギングとか流石だわ」

そう言って俺の肩に腕を回すのは昔からの幼馴染である、てっちゃ……じゃない、哲也だ

『だろ、何でモテないのかねぇ……』

割とガチめに考えながら応える。それにしても肩に腕を回されると走り辛いからやめて欲しい

『部活してないからじゃねーの?二年からでもお前なら全然問題なさそうだし。俺の部活来ればいいのに……』

彼の部活は不定期で朝練があるので、稀にこうして会う事がある。しかし俺のジョギングコースは学校と関係ない道、若しくは遠回りである

だから哲也と会う事自体理解できないというか、この道を通ってコイツに得な事でもあるのだろうかとか、悶々と考えてしまう

否、考えていた時期もあった

理由は分からんが、どうやら朝練には間に合っているらしいので俺は考える事を放棄した

『いや、バイトしたいし遠慮しとくわ』

「お前、そういうところがモテないんじゃねーの……」

その通りである。つらい

2.俺は考える→←プロローグ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (157 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
333人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , BL , 男主   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白餅はるた - コメントありがとうございます(*´˘`*)弟君人気みたいで嬉しいです(*´▽`*)拳で抵抗するネタ分かって頂けたみたいで良かったです笑 (3時間前) (レス) id: d8e701f73f (このIDを非表示/違反報告)
拳で - いいぞもっとやれ (7月22日 20時) (レス) id: 0fc8570bb5 (このIDを非表示/違反報告)
拳で - んふふふふwwwwwwwwww勿論wwwwwwwww抵抗するでwwwwwwwwwwとかwwwwwwwwwww (7月22日 20時) (レス) id: 0fc8570bb5 (このIDを非表示/違反報告)
桜餅 - ありがとうございます。もうなんとゆうかありがとうございます。これからも更新がんばってください! (7月21日 20時) (レス) id: 267b829f9d (このIDを非表示/違反報告)
かれぃぱん - 兄弟やばい!!!がんばってください! (7月21日 8時) (レス) id: 14c32f14a1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白餅はるた | 作成日時:2018年6月23日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。