占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:39 hit、合計:437 hit

オレンジ ページ1

夕暮れの横浜のとある道を恋人の様でそれでいて友達の様でもある微妙な距離で歩く二人の男女が居た。
「それでナオミが急に抱き着いてくるもんだから焦ってお茶をこぼしそうになって」
オレンジ色の髪をした青年は先ほどから『ナオミ』という女性の話をとても楽しそうにしている。
そして隣に立つ少女は軽く笑みを浮かべながらその話に相槌を打っていた。
暫くそうして歩いていると
「ぐっ」
青年はなに苦しそうな声を出した。
驚いた少女が青年の方を見ると彼の腹には細い腕が絶対に離さないと言わんばかりに絡みついていた。
(なんだいつものあれか)
少女は少しでも心配したことを後悔した。
「ちょ、ナオミとりあえず離れてっ苦、しい…」
「お兄様がそうおっしゃるなら仕方ないですわね」
青年の腹にしがみついていた艶やかな黒髪にセーラー服を着た少女は名残惜しそうに体を一度放し、
今度は青年の腕にしがみついた。
「ナオミ近いって…」
「まあ、お兄様照れてますの?」
「いや、そうじゃなくて…」
少女の名前は谷崎ナオミ。
見た目は似ていないがれっきとした青年、谷崎潤一郎の妹である
兄妹でありながらまるでカップルのような距離でいちゃつく彼らを一歩下がって見つめているのは、谷崎潤一郎の本当の彼女であるAだった。
先程迄居た谷崎の隣という特等席をナオミに奪われたAは、とても兄妹とは思えないほど仲睦まじい二人の間に入ることも出来ず。
唯ひたすらに寂しさを抱えながら一歩先を行く二人を眺めていた。
谷崎兄弟は一歩遅れて歩くAの心情も露程知らずただ探偵社へ続く道を楽し気に歩いていた。

年上の弟→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

果汁ジノ%(プロフ) - クコさん» 頑張って下さい!q(*・ω・*)pファイト!! (1月13日 6時) (レス) id: a6a058aaa7 (このIDを非表示/違反報告)
クコ(プロフ) - 果汁ジノ%さん» 始めまして!コメントありがとうございます!そう言っていただけると励みになります!出来るだけ毎日更新出来るように頑張りますね!! (1月13日 0時) (レス) id: 688891d557 (このIDを非表示/違反報告)
果汁ジノ%(プロフ) - お初にお目にかかる。僕は芥がw((ゲフンゲフンはじめまして!谷崎君可愛すぎですね(´・Д・´)更新頑張って下さい! (1月12日 7時) (レス) id: a6a058aaa7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:クコ | 作成日時:2018年1月11日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。