占いツクール
検索窓
今日:121 hit、昨日:489 hit、合計:23,965 hit

352、僅かな希望 ページ6

「私と会えて嬉しい…お前は確かにそう言っていたな。ならばこうして一生そばに置いてやると言っているんだ。それはお前だって望んでくれていることだろう」

ベルナルドはそう言って、Aからyesの返事を吐き出させるべくAの首に舌を這わせる。

「…っ」

Aは慣れない感触にゾクリとしながらも、歯をくいしばり必死に声を抑える。

…怖い。
こんな人…知らない。

私の知っているあなたは……



__君は素敵な女性だよ。

そう言ってくれた時のことを思い出す。



(…あの優しくて素敵な笑顔で、私を受け入れてくれて…)

かつてのベルナルドを思い浮かべた途端、切ない気持ちが襲ってきた。

もうあの笑顔を見せてくれることはないのかと考えてしまって…。

「…ベ…」

口が自然に開く。

「…ベルナルド…さん…」

「…!」

無意識にポツリと、その名を呼んでいた。非常に小さく、震えた声で。
ベルナルドも、その声には反応を見せた。

その時何かがAの頰を伝っているのが分かった。

涙だ。

恐怖が溜まりに溜まって、とうとう溢れ出てしまったようだ。

「…やめて…お願いします…」

やめてなんて言ってやめてもらえたら苦労しない。けど、それでも私はまだこの人に僅かな希望を抱いているのかもしれない。

「…あなたはこんなことをする人じゃない…」

こんな状況でもまだそんな甘いこと言ってるなんて、本当に馬鹿だと思う。でも私はまだ完全には信じ切れていない。あなたが全く変わってしまったなんて。

「…お前は私のことを買い被り過ぎている」

ベルナルドはそんなことを言っているが、明らかに先程までの彼と様子が違う。

(…葛藤しているの?)

Aはふと、そう感じた。Aの涙を見た瞬間から、ベルナルドの動きがぴたりと止まっていたからだ。

彼にまだ良心があるのではないかと、Aはベルナルドへ僅かな希望をかけて言う。

「分かって下さい…こんな風に力ずくで何とかしようとしても、何でもかんでもあなたの望み通りにいくわけじゃないって」

「…どういう意味だ」

「あなたがどんなにひどいことをしても、私はオリオンには従いませんから」

Aがオリオンに従えば、みんなが悲しむ。今までどれだけたくさんの人に助けられてきたか分からないのに、恩を仇で返すようなことは絶対にしたくない。

353、覚悟→←351、ずっと一緒に



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
70人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブン , オリオンの刻印 , イナオリ   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

紅葉(プロフ) - 沙希子さん» あたたかいコメントありがとうございます!最近更新が遅れ気味で大変申し訳ございません。最終回に向けてこれからも更新を頑張っていくつもりですので楽しんでいただけると幸いです。 (11月17日 10時) (レス) id: bcd97f376b (このIDを非表示/違反報告)
沙希子(プロフ) - 更新焦らず頑張ってください!続き凄く気になります。 (11月17日 6時) (レス) id: 03fe093666 (このIDを非表示/違反報告)
紅葉(プロフ) - そそそさん» コメントありがとうございます!1番ですか!?とても嬉しいです!ありがとうございます!!更新が大幅に遅れてしまい大変申し訳ございません。これからも頑張りますのでよろしくお願いします。 (10月23日 18時) (レス) id: bcd97f376b (このIDを非表示/違反報告)
そそそ(プロフ) - 今まで見たイナアレ小説の中で1番おもしろいです。更新楽しみにしています! (10月23日 10時) (レス) id: 924231b153 (このIDを非表示/違反報告)
ベルモット - 試行錯誤して変更になりました。引き継ぎイナズマ・孤高の女神をお楽しみ下さい (10月7日 12時) (レス) id: e8970a172e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紅葉 | 作成日時:2019年9月29日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。