占いツクール
検索窓
今日:201 hit、昨日:55 hit、合計:54,917 hit

46 ページ46

.








「っ、A……」







 

森を抜けると、そこにはユンギがいた。


ずっと、待っててくれたんだろうか。
いや、ユンギのことだからきっとそうなんだろう。




ユンギは何も言わずに、私を抱きしめてくれた。
ユンギの優しさに私は何度救われただろう。








 

「ユンギ……返事、今してもいい?」


「……ん」








 

頷いてくれたユンギに、深呼吸を一つしてから口を開く。







 


「私、まだ彼のこと忘れられない。
たぶんこの先も、ずっと彼のことが好き。

わがままだって、言うかもしれないけど



ユンギの隣にいてもいいですか?」











ユンギにテヒョンを重ねているんじゃない。


まして、ユンギに頼ってるわけでもない。







テヒョンが教えてくれた気がしたから。



"幸せになって"って、言ってくれた気がしたから。






だから、前に進もうと思った。



彼女のことも、テヒョンのことも全部抱えてでも、

進まなければいけないと思った。









 

「……それでいい。

お前が他の奴を好きでも、俺と一緒にいることを選んでくれたならそれでいい。

お前が何かを抱えているなら、俺が一緒に背負ってやる。



だから、俺の隣にいてください」











ユンギの優しい目に、また涙が出そうになる。


テヒョンのことを忘れるためじゃない。








 


「……はいっ」






 




 
私が、前へ進むために。



.

47→←45



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (117 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
278人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 彩さん» わぁ!ありがとうございます!素敵だと思っていただけて嬉しいです。こうしてコメントをくださると、私も作りがいがあると言いますか...とにかく、本当に嬉しいです!ありがとうございました! (12月2日 0時) (レス) id: 61c94025e1 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - めちゃくちゃ涙出ました!凄く素敵な作品です! (12月2日 0時) (レス) id: 2e0c1bdb80 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - りあさん» ありがとう!そう言ってもらえてよかったです!次のお話もよろしくお願いします!ぜひ見つけてください笑 (11月24日 23時) (レス) id: 61c94025e1 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - りあさん» りあちゃん!やー、運命ですねえ......泡沫という言葉からまさか私のお話を見つけてくれるとは......泡沫、いいよねえ......儚くて好き。このお話もそんな風にしたかったんだけどできてたかな?笑 (11月24日 23時) (レス) id: 61c94025e1 (このIDを非表示/違反報告)
りあ(プロフ) - あ。言い忘れてたけど完結おめでとう!今回もめちゃめちゃ面白かったです! (11月24日 23時) (レス) id: ded383ca1c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年11月17日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。