占いツクール
検索窓
今日:44 hit、昨日:27 hit、合計:55,575 hit

24 ページ24

.







「テヒョ……」
「どこにもいかないで。

ずっと。このままずっと、僕をあたためて。


僕にはもう、時間がないんだ」




 




ぎゅっと体を抱きしめられる。
今までにないくらい悲しい声だった。


声も、体も、震えていた。





何から聞けばいいか、分からなかった。

だけど今は何も言わない方がいい気がして。
そっと彼を抱きしめ返した。





 
 

 





「……帰ろう」


「っ、テヒョン……?」


「もう夜遅いから。送ってってあげる」


「ま、待ってっ。まだ聞きたいことがっ」
「ほら、早く。みんな心配してるよ」









冷たい声が私を突き放す。

ぐっと手を掴まれて、森を降りていくテヒョンを見つめることしかできない。




どれだけ名前を呼んでも、振り返ってくれなくて。


ギリ、と痛む手が何も言うなと言っているようで。






必死に彼の後をついて行った。





 



「……ありがとう」


「……うん。

それじゃあ、気をつけてね」


「っ……じゃあね」


 






私に背を向けて、森へ戻っていくテヒョン。


伸ばしかけた手を押し込む。



 


追いかけたかった。


その背中をぎゅっと抱きしめたかった。








だけど、できなかった。



テヒョンの顔がとても苦しそうだったから。


.

25→←23



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (117 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
278人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 彩さん» わぁ!ありがとうございます!素敵だと思っていただけて嬉しいです。こうしてコメントをくださると、私も作りがいがあると言いますか...とにかく、本当に嬉しいです!ありがとうございました! (12月2日 0時) (レス) id: 61c94025e1 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - めちゃくちゃ涙出ました!凄く素敵な作品です! (12月2日 0時) (レス) id: 2e0c1bdb80 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - りあさん» ありがとう!そう言ってもらえてよかったです!次のお話もよろしくお願いします!ぜひ見つけてください笑 (11月24日 23時) (レス) id: 61c94025e1 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - りあさん» りあちゃん!やー、運命ですねえ......泡沫という言葉からまさか私のお話を見つけてくれるとは......泡沫、いいよねえ......儚くて好き。このお話もそんな風にしたかったんだけどできてたかな?笑 (11月24日 23時) (レス) id: 61c94025e1 (このIDを非表示/違反報告)
りあ(プロフ) - あ。言い忘れてたけど完結おめでとう!今回もめちゃめちゃ面白かったです! (11月24日 23時) (レス) id: ded383ca1c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年11月17日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。