検索窓
今日:6 hit、昨日:2 hit、合計:42,011 hit

第5話 ページ7

桜乃side




始まりは突然だったんです。
自分が何か悪いことをしてしまった記憶とかは特に思い当たりません。

誰かが教えてくれることも、友達が一緒に考えてくれても答えには辿り着きません。


私、運動が苦手です。運動音痴に入る部類の人間なんですけど、ある男の子に憧れてテニス部に入りました。
先輩方は、初心者で運動音痴の私にも優しくしてくださいました。私だけの特別メニューを作ってくれるくらい優しい方々だったんです。



「竜崎さんは、今日も壁打ちね。そうね、20回できるようになったら教えてね」



私の部活は殆ど壁打ちでした。ラリーもまともにできない私に最適な練習だと、私もはやく先輩たちの練習に入れるようにとにかく頑張りました。

壁打ちの際に、男子テニス部の方々が休憩中に時折ですがアドバイスをくれました。
その中でアドバイスをくれる回数がダントツで多かったのは憧れの男の子でした。ぶっきらぼうにくれるアドバイスを意識してボールを打つと、今までのが噓みたいにできなかった壁打ちができたんです。

他の方々もラケットの向きや腕の角度、目につく所を今ここがダメだったよ、と優しく教えてくれたんです。



「壁打ち20回できるようになったの?
じゃあ、次は50回できるようになったら戻って来てね。みんな竜崎さんよりもレベルの高い練習してるから」



困ったように笑う先輩はそうやって私に課題を課していきました。
そこに不満はありません、だって私は初心者ですしその前に運動音痴です。みんなよりもレベルが低いことはわかってましたから。

いつからか、壁打ちをしていてもアドバイスをしてくれるのは憧れの男の子だけになってしまいました。
そこにも不満はありません。むしろアドバイスをもらえていたことが奇跡ぐらいなレベルです。

友達は憧れの男の子のファンで、男子テニス部の試合には2人でよく応援に行っていました。
私もあんな風にテニスがしたい!と思いながら、応援していました。

男子テニス部は女の子の人気がある部活なので、他の女の子たちも応援に来ている中、優しいテニス部の方々は応援にも答えてくれるんです。ファンがどんどん増えるわけです。



そんな優しい方々から、突然、私は冷たい視線を向けられてしまいました。

第6話→←第4話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
48人がお気に入り
設定タグ:テニプリ , 青学 , 竜崎桜乃   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

バンビ(プロフ) - 猫好きさん» ありがとうございます。更新がゆっくりになってしまっていますが、続編をポチポチと作成していますのでそちらも続けて読んでいただけるように頑張らせて頂きます。 (2020年9月4日 0時) (レス) id: ff777945fb (このIDを非表示/違反報告)
猫好き(プロフ) - とても面白いです!続きが楽しみなので、これからも更新頑張ってください! (2020年9月3日 18時) (レス) id: 9581fd09d5 (このIDを非表示/違反報告)
バンビ(プロフ) - わんにゃんさん» ありがとうございます。中々更新できず申し訳ありません!!できるだけ早く更新できるよう頑張らせて頂きます。 (2020年7月2日 21時) (レス) id: ff777945fb (このIDを非表示/違反報告)
わんにゃん - とても面白くてこの作品大好きで応援しています!頑張ってください、楽しみにまってます!! (2020年6月30日 18時) (レス) id: 6ebda506cf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:バンビ | 作成日時:2020年1月2日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。