検索窓
今日:4 hit、昨日:2 hit、合計:42,009 hit

第46話 ページ48

乙女side




「あー!!もうっ!
朝からうろうろうろうろ鬱陶しいのよ!!」




金切り声がリビングに響く。

目の前にはスマホを両手持ちした片割れが心底心配しているような表情で彷徨いていた。

私の金切り声に、勢いよく振り返っては大きな声で返事する。




「だって今日で桜乃ちゃんの今後が決まるんだぜ!?」




普段からは想像の出来ないくらいの心配様に思わず引いた。

ドン引きした。


口角がピクッと引きつった、それぐらい目の前の片割れの姿が気持ち悪いったらありゃしない。




「だってとか男にくせに言うんじゃないわよ!
Aが付きっきりで教えたんでしょ?楽に勝っちゃうわよ」




Aはハッキリ言って人に教えるのが上手い。

人の限界ギリギリのラインを無自覚で察知してそれに合わせて練習メニューを課していく。

中学時代、部長だったAをフェンス越しに応援していた私はそれをよく分かっている。

こいつに教えて貰った彼女はきっと平気。




「たった1ヶ月で分からねぇよ。
女テニがどんな実力か知ら_______ 」




珍しく弱腰な片割れに、思わず手が出た。

胸ぐらを掴みそのまま床にぶん投げる、ゴンッと大きな音がしたが気にしない。

頑丈なコイツは小さなコブも出来やしないだろう。




「負けるような技教えるてめぇじゃねぇだろうが!
弱気になってんじゃねぇぞ!」




ダーリンと付き合う前の口調が出てしまう。

責めてもと思い口調だけは女の子らしくしていたのに怒りに任せて出てしまった。

目を見開いて私を凝視するA、私は咳払いをしながらいつもの口調に戻す。


さて、こいつは何を教えていたのだろうか。




「ん゛ん゛っ。
で、あんたは彼女に何を教えたわけ?」

「あー、まず基本。後はキックサーブ」

「そうね、素人だって言ってたものね。基本から教えなくちゃ勝てるものも勝てないわ」

「フラット、スライス、スピン」

「それだけできれば平気ね!上手く練れば勝てなくないもの! 」





女子テニス部は今も昔も変わらず、男子に比べれば大した技がなくともレギュラーになれる。

Aの基準は自分がいた頃の中学の男子テニス。

今言っていたことが全て出来て、駆け引きが出来れば彼女に勝てない試合はない。


例え相手がレギュラーであろうと。




「ジャックナイフ」

「え?まだある_____ 」




指折り数える口は止まらない。




「ライジングショット、ライジングボレー、




後はドロップショット」

第47話→←第45話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
48人がお気に入り
設定タグ:テニプリ , 青学 , 竜崎桜乃   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

バンビ(プロフ) - 猫好きさん» ありがとうございます。更新がゆっくりになってしまっていますが、続編をポチポチと作成していますのでそちらも続けて読んでいただけるように頑張らせて頂きます。 (2020年9月4日 0時) (レス) id: ff777945fb (このIDを非表示/違反報告)
猫好き(プロフ) - とても面白いです!続きが楽しみなので、これからも更新頑張ってください! (2020年9月3日 18時) (レス) id: 9581fd09d5 (このIDを非表示/違反報告)
バンビ(プロフ) - わんにゃんさん» ありがとうございます。中々更新できず申し訳ありません!!できるだけ早く更新できるよう頑張らせて頂きます。 (2020年7月2日 21時) (レス) id: ff777945fb (このIDを非表示/違反報告)
わんにゃん - とても面白くてこの作品大好きで応援しています!頑張ってください、楽しみにまってます!! (2020年6月30日 18時) (レス) id: 6ebda506cf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:バンビ | 作成日時:2020年1月2日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。