検索窓
今日:4 hit、昨日:2 hit、合計:42,009 hit

第18話 ページ20

主人公side




電話を切り、ズボンのポケットにスマホを入れてからあの子の近くまで駆け寄った。
ラケットバッグを抱え込み、顔は埋められている。
少し躊躇したが、俺の腹あたりにあるあの子の頭を壊れ物を扱う様に撫でた。



「何があった?」



ぐずぐず泣いている姿は前に見た姿よりもずっと弱々しく壊れてしまいそうだった。
膝を折り、泣いているあの子よりも視線の低い位置から話かける。



「怪我はしてねぇか?」

「はい……ひっく、うぇっ」



怪我してねぇ、それに安心しホッと息を吐く。



「で、でもっ、ラケットが……」

「いいか?」



様子からして傷つけられたのはこっちか。
修復出来るくらいだったら俺がすぐに直して笑わせてやれるんだが、さてどんな感じだろうな。

小さく頷いた桜乃ちゃんが抱えていたラケットバックをゆっくりと取り、中からラケットを取り出してみる。
思っていたよりも悲惨な姿のラケットは一目で壊されたものだとわかる状態。
聞いてた話だと物が隠されることはあっても何だかんだ見つかってたし、初めてここまで悲惨なことをされたからか、それとも好きなテニスの道具を壊されたからか、どっちにしても桜乃ちゃんの心の傷は深いだろう。

ガットが切れてしまっているぶんには張り替えればどうにかなるだろうが、フレームがバッキリと折れてしまっている。



「……こりゃ、ひでぇ。買い替えだな」

「で、でも、こんなの見せたら……」



顔を上げてボロボロ涙を流すあの子はまるで小さい子の様だ。こっちの胸が苦しくなる。
こんなの見せたら誰が見ても、一目でいじめられてんなって思うよなぁ。

グリップもこんな綺麗に巻かれてるし、すげぇテニス好きなんだよな、どうにかしてやりてぇ……っ!
こんな惨状を見た俺の方が泣きそうだ。

にしてもラケットって金かかるしなぁ、バレない様に新しいの買うにしても中学生には買えないだろう。
買ってやるにもそこまでしたら……引かれそうだ。

さて、どうしたものか……。




「……。あ」

「…っ、ぐずっ」

「ちょっと、おいで」



今さっきまでいた喫茶店に泣いてる桜乃ちゃんを連れて行くと優しい店主が少し驚いた様に目を丸くした。

カウンター席に座らせ、開いたメニューを桜乃ちゃんの前に置く。



「ちょっと俺が戻るまでその子お願い」



店主に桜乃ちゃんを預け、ぺしゃんこな鞄も煙草もライターもカウンターに置いて、バイクのキーとスマホだけ持って店を出た。

第19話→←第17話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
48人がお気に入り
設定タグ:テニプリ , 青学 , 竜崎桜乃   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

バンビ(プロフ) - 猫好きさん» ありがとうございます。更新がゆっくりになってしまっていますが、続編をポチポチと作成していますのでそちらも続けて読んでいただけるように頑張らせて頂きます。 (2020年9月4日 0時) (レス) id: ff777945fb (このIDを非表示/違反報告)
猫好き(プロフ) - とても面白いです!続きが楽しみなので、これからも更新頑張ってください! (2020年9月3日 18時) (レス) id: 9581fd09d5 (このIDを非表示/違反報告)
バンビ(プロフ) - わんにゃんさん» ありがとうございます。中々更新できず申し訳ありません!!できるだけ早く更新できるよう頑張らせて頂きます。 (2020年7月2日 21時) (レス) id: ff777945fb (このIDを非表示/違反報告)
わんにゃん - とても面白くてこの作品大好きで応援しています!頑張ってください、楽しみにまってます!! (2020年6月30日 18時) (レス) id: 6ebda506cf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:バンビ | 作成日時:2020年1月2日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。