検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:143 hit
pe「おはようございます!こんにちはこんばんわぺいんとでございます!」

ん…?なんか聞いたことあるような…

あの人の訳ないでしょ

pe「(名前)!ちょっときて〜」

『はーい?なに兄貴?」

pe「俺めちゃくちゃ有名な実況者なんだ!」

は?

ある日急にバラされました…なぜ?

〜アテンション!!〜
※作者は語彙力や文才などがないのでご理解を!!

※パクリではないですが似ている作品があった場合消させていただきます

※これは実際するYouTuberの方々の名前を使います。しかし、ご本人様とは関係ないのでご了承お願いします

※作者は占ツク初心者のなのでよろしくです

※口調が不安定でキャラ崩壊するかも…?

(活動名を入れてください)執筆状態:連載中

設定を行う場合はこちらをクリック



test

おもしろ度の評価
  • Currently 0.00/10

点数: 0.0/10 (0 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定タグ:実況者 , 日常組 , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:クラク | 作成日時:2022年8月2日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。