占いツクール
検索窓
今日:377 hit、昨日:408 hit、合計:71,753 hit

くじらが53匹 ページ7

風は俺にいつも話しかけてくれる
風の便り、と俺と母さんはそう呼んでる

今日も俺は見張り台の上で耳を傾ける

ぴくっ、

いくつもある話の中から重要な話を詳しく聞いて見張り台から飛び降りた


『父さん、!』

慌てて父さんのいる部屋に向かう
そこは丁度会議中らしく、とりあえずマルコにごめん、と謝っておく
いない隊長たちの席…ナミュールやラクヨウ、フォッサなど多くの席があいている…には電伝虫が繋がった状態で置いてあった

「どうかしたのか」

『風の便り!』

「何かあったのかよい?」

『ジンベエが例のルーキーと接触!』

それだけ言えば、少しだけ会議室がざわざわした

「場所は?」

そう聞かれたので、地図を引っ張り出して場所を示す
5日ほどかかる

「グラララ……一目若造をみてみるかァ」

「了解…。A、」

『おっけ!航海士に伝えてくる!』

じゃっ!と扉をバッタン!!と大きな音をたてて閉めてしまったので後ろからマルコの「扉は強く閉めるな!!」という説教が飛んできた


.

もうそろそろつく頃、という時霧の奥から聞こえる海と風の声が騒がしくなった

<もう5日もたつよ>
<緑がいたそう>
<二人ともぼろぼろ…>

『げ、』

「なに、どうかしたの?」

横にいたサッチにそう聞かれた

『ジンベエとポートガス、5日ずっと戦ってたみたい……』

「は」

ぽかん、とした顔に、うん、わかる俺もそう思う。と頷いておく

.

くじらが54匹→←くじらが52匹



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
136人がお気に入り
設定キーワード:白ひげ海賊団 , ワンピース , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:サンカヨー | 作成日時:2020年1月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。